速報
» 2008年04月03日 21時18分 UPDATE

TI、GPS・Bluetooth・FMの送受信機能を集積したシングルチップ・ソリューションを発表

[ITmedia]

 日本テキサス・インスツルメンツは4月3日、Assisted GPS、Bluetooth 2.1およびFMの送受信機能を組み合わせたシングルチップソリューション「NaviLink 6.0」を発表した。

 同ソリューションは、テキサス・インスツルメンツの65ナノメートルDRPシングルチップテクノロジーに基づいて構築されている。NaviLink 6.0を採用することで携帯電話メーカーは、GPS機能を備えた小型で手頃な価格の端末を、普及価格帯の市場に投入できるという。ナビゲーション、Bluetoothヘッドセットを使用した通話、FMトランスミッター機能を使ったMP3ファイルのカーラジオへの送信などの機能も同時に利用できる。

 NaviLink 6.0を搭載した携帯電話端末は、2009年下半期までに市場投入が見込まれている。

関連キーワード

Bluetooth | GPS | 携帯電話 | ラジオ | Texas Instruments


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう