ニュース
» 2008年04月11日 13時10分 公開

ソフトバンクのストレート端末「822P」、販売再開──改善品との交換も開始

ソフトバンクモバイルは4月10日、電源が入らなくなる不具合が発生したストレート端末「822P」の販売を再開した。合わせて店頭での改善品との交換も行う。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは4月10日、ソフトウェアの不具合により、電源が入らない場合がある、あるいは充電できない場合があるという問題が発生し、3月27日から販売を一時停止していたパナソニック モバイルコミュニケーションズ製のストレート端末「822P」の販売を再開した。

Photo パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のストレート3G端末「822P」

 販売済みの1万6000台については、預かり修理か改善品との交換で対応する。すでに預かり修理は実施しているが、4月10日から6月10日までの2カ月間は改善品との交換も可能。交換を希望する場合は、事前に在庫を確認してからソフトバンクショップに足を運ぶことになる。なお交換の際には、一部転送できないデータがあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう