ニュース
» 2008年04月28日 15時17分 公開

2008年後期のユニバーサルサービス料、月額6円に──現在と同額

TCAは2008年6月から12月に適用するユニバーサル料を公表。2008年1月から6月に適用する料金と同額の、月額6円/番号とした。

[ITmedia]
ユニバーサルサービス料の遷移
期間 金額
2007年1月〜6月 月額7円/番号
2007年7月〜12月 月額7円/番号
2008年1月〜6月 月額6円/番号
2008年7月〜12月 月額6円/番号

 電気通信事業者協会(TCA)は4月29日、2008年7月から12月のユニバーサルサービス料を月額6円/番号に算定したと発表した。

 ユニバーサルサービス料は、ユニバーサルサービス(第一種公衆電話、特例料金となる離島通話、110番、118番、119番といった緊急通報など)の確保・維持に必要とする費用を他社通信会社全体(固定電話、携帯電話・PHS、IP電話など)で応分に負担するもので、契約1番号ごとに課される。番号単価は算定対象電気通信番号の総数増減見込みなどを勘案し、半年に1度、金額の見直しが行われる。

 2008年7月から12月のユニバーサルサービス料は2008年1月末時点の算定対象電気通信番号総数に基づき算定。算出対象番号は1億8452万1283件で、2007年6月末から131万3865件増加(増加率0.72%)。NTT東日本にかかわる修正番号単価は3.53123822円(現在3.52441362円)、NTT西日本は2.46876178円(2.47558638円)とし、現在(2008年1月から6月)適用する月額6円/番号と同額とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう