ニュース
» 2008年05月08日 23時40分 UPDATE

Trolltech、携帯向けアプリ開発の幅を拡げる「Qt」フレームワークの新バージョン

[ITmedia]

 ノルウェーのTrolltechは5月6日、携帯機器向けに高度なアプリケーション開発の幅を拡げる“Qt”フレームワークの新バージョン「Qt 4.4」の提供を開始した。

 Qtはデスクトップ機器と携帯機器の両方に、同一アプリケーションやサービスを提供できる共通フレームワーク機能を装備している。新バージョンでは、AppleのSafariブラウザやiPhone、Nokiaのスマートフォンに内蔵されるオープンソースのブラウザエンジン「WebKit」を統合。これにより、多彩なユーザーインタフェースの制作が可能になるという。

 既存の組み込みLinuxのサポートに加え、QtはWindows CEをサポート。またマルチメディア・フレームワークPhononをサポートすることで、C++アプリケーションでマルチメディア再生を容易にし、高度なマルチメディアコンテンツを搭載することが可能だ。

 Qt 4.4は、Trolltechの標準デュアルライセンスモデルで提供される。オープンソースアプリケーションの開発者向けにはGPLライセンスで、また商用開発向けには商用ライセンスQtで提供する。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう