ニュース
» 2008年05月13日 14時43分 UPDATE

緊急地震速報機能付き組み込み型通信モジュール、KDDIとセイコーインスツルが開発

KDDIとセイコーインスツルは、緊急地震速報機能を搭載する法人向けの組み込み型通信モジュールを開発。2008年7月中旬に発売する。地震速報受信時に避難行動の誘導や機械の動作停止などを制御できる。

[ITmedia]
photo 「WM-M210A」

 KDDIは5月13日、緊急地震速報機能を搭載する法人向け通信モジュール「WM-M210A」をセイコーインスツルと共同開発したと発表、2008年7月中旬に発売する。

 WM-M210Aは、気象庁が配信する緊急地震速報の受信、従来機種より約60%の軽量化、約16%の省電力化を特徴とする組み込み型通信モジュール。緊急地震速報を受信した場合、工場やオフィス、家庭などにおける避難行動の誘導や機械の動作を停止するといった制御が行え、危険回避・被害軽減を図れるメリットがある。

 緊急地震速報は、輻輳(ふくそう)の影響を受けずに情報を一斉配信できるのが特徴。受信時の通知方法はモジュールを組み込んだ製品の形態に合わせてカスタマイズできる。通信速度は下り最大144kbps/上り最大64kbps、モジュールサイズは26.7(高さ)×43(幅)×4.9(厚さ)ミリ、重量約6.9グラム。

WM-M210Aの主な仕様
製品名 WM-M210A WM-M200(参考 前モデル)
製造元 セイコーインスツル
通信方式 CDMA 1X パケット交換
通信速度 下り最大144kbps/上り最大64kbps
モジュールサイズ(高さ×幅×厚さ) 26.7×43×4.9ミリ 37×50×5.3ミリ
重量 約6.9グラム 約17グラム
動作温度 摂氏−30度〜70度
アンテナコネクタ U.FLコネクタ
外部インタフェース シリアル×2(40ピン) シリアル×2(80ピン)
GPS位置測位機能
プロトコル変換機能
OTA機能
日付時刻情報取得機能
簡易位置情報取得機能
緊急地震速報機能

 同製品は「組込みシステム開発技術展」(東京ビッグサイト 2008年5月14日〜16日)、「震災対策技術展 関西」(インテックス大阪 2008年6月19日〜20日)のKDDIブースで展示される。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.