速報
» 2008年05月19日 23時46分 UPDATE

流行度をベースに住所や駅と緯度経度を相互変換――「GeoPoint API」

[ITmedia]

 シリウステクノロジーズは5月16日付けで、住所や駅と緯度経度を相互変換可能なAPI「GeoPoint API」を公開したことを発表した。

 GeoPoint APIは、住所や駅名といった住所表現と緯度経度情報を相互に変換可能なAPI。“渋谷区恵比寿”や“渋谷駅”といった住所表現からその地点の緯度経度を取得したり、緯度経度から“恵比寿駅(JR)”や“東京都渋谷区恵比寿西”などのおおまかな住所を取得できる。

 また結果が複数ある場合は、同社の携帯電話向け位置情報連動広告配信サービス『アドローカル』でも利用しているランキングロジックを活用し、GeoPoint独自の「流行度×距離」の高い順に検索結果の重みづけを行う。

 GeoPlatformサイトでGeoPlatform APIのユーザー登録を行い、APIキーを取得することで利用できる。非商用、1日に5000アクセスまでならば、利用は無料。それ以外の場合は、アドローカルを導入するか、別途有料サポート契約を結ぶ必要がある。

関連キーワード

API | 広告 | ネット広告 | 携帯電話


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう