速報
» 2007年10月17日 23時15分 公開

エイチアイ、2D/3D統合地図フォーマットに対応した地図エンジンを開発

[ITmedia]

 エイチアイは10月17日、ITナビゲーションシステム研究会が策定した世界初の2D/3D統合地図フォーマット「XIPフォーマット」に初めて対応した地図エンジンを開発したことを発表した。

 同エンジンは、XIP対応の地図描画機能と地図とコンテンツの融合機能という2つの独立した要素で構成され、地図エンジンをあらかじめデバイスに組込んでおくことで、さまざまなコンテンツから利用することが可能だ。また、特定地図ベンダーの地図データに依存しない地図描画が可能で、回転や拡大と縮小が可能な2D地図および2D地図上に3Dの建物を配置した地図を表示できる。

 携帯電話やPDAなどに搭載が進んでいるGPSにも対応しており、地図、コンテンツ、GPSによる位置情報を融合したサービスの展開が可能になる。別途データを用意することで、これまで提供できなかった屋内地図などの地図情報も提供可能だ。

 コンテンツはMAP APIを利用することで開発可能。エイチアイはエンジンの開発にあわせ、MAP API、XIPコンバータなどの地図サービスを開発するための環境を提供する。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


関連キーワード

地図 | GPS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう