調査リポート
» 2008年05月23日 08時00分 公開

プロフサイトの利用者、6割強が“増加傾向”と予想

アイシェアが、プロフィールサイトに関する意識調査の結果を発表。利用目的は「暇つぶし」が最多で、有害と思うかについては7割以上が「有害サイトではない」と回答している。

[ITmedia]

 アイシェアは5月22日、プロフィールサイトに関する意識調査の結果を発表した。同調査は5月14日から16日まで、同社が提供するサービスの18歳から25歳の会員を対象に実施したもので、有効回答数は246名。

 調査結果によれば、携帯電話のサイト上に簡単に自己紹介を作成できる「プロフィールサイト」を実際に使ったことがある人は18.3%。男女別では、男性が13.7%なのに対し女性は24.3%と、利用率は女性の方が高かった。

 利用経験者の利用目的や未経験者の持つイメージを聞いたところ、「暇つぶし」が32.1%で最多となり、そのほか「異性との出会い」が24.4%、「メル友探し」や「趣味の友達作り」もそれぞれ2割近くとなった。男性では「異性との出会い」が27.3%となっている。

 「プロフサイトを有害と思うか」という問いには、利用経験のある人では8割以上、利用経験のない人でも7割以上が「有害サイトではない」と回答した。「利用者数は今後どうなるか」については、全体の61.8%が「増えていく」と予想している。特に女性では67.3%と、実際の利用率と同様、男性より高い値となった。

関連キーワード

暇つぶし | 携帯電話 | 中高生


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう