ニュース
» 2008年06月11日 18時31分 UPDATE

キャリアのトップが未来を語る――ワイヤレスジャパン2008、事前登録受付中

7月22日から3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2008」。基調講演では5キャリアのトップが今後のビジョンを示すとともに、各社のキーパーソンが4Gに向けた取り組みを説明する。また、モバイルUI、放送/通信連携、MVNOなどのカンファレンスも開催される。

[ITmedia]

 リックテレコムは、7月22日から3日間にわたって開催される同社主催のイベント「ワイヤレスジャパン2008」について、事前登録の受付を開始した。Webから事前登録を行うと3000円の入場料が無料になる。

 同イベントの2008年のテーマは「ワイヤレスが変える、ワイヤレスと創る」。基調講演には、今後のモバイル業界を支える関連各社のキーパーソンが登場し、市場の現状と今後について解説する。

ケータイ5キャリアのトップが勢揃い――基調講演

Photo

 イベント2日目の7月23日に開催される有料の基調講演には、キャリアのトップが顔を揃える。

 「新ドコモ宣言」で顧客重視の姿勢を打ち出したNTTドコモの山田隆持副社長3.9Gで採用する通信方式モバイルWiMAXへの取り組みなどに注目が集まるKDDIの小野寺正社長兼会長、13カ月連続で純増トップを守り、7月にはiPhoneを投入するなど新たな取り組みに期待が集まるソフトバンクモバイルの松本徹三副社長、オープンなビジネスモデルでケータイと一線を画した“もう1つの未来”を目指すウィルコムの喜久川政樹社長、音声サービスを開始し、名実ともにモバイル総合サービスを確立したイー・モバイルの千本倖生会長が登場し、それぞれがモバイルビジネスの現状と今後について説明する。また、モバイルWiMAX事業を展開するUQコミュニケーションズの田中孝司社長も、「モバイルWiMAXが生み出す新しいワイヤレス社会−UQコミュニケーションズの事業戦略−」と題した講演を行う。

 イベント初日の「次世代ワイヤレス技術と端末開発構想」と題した無料の基調講演には、シャープの松本雅史代表取締役副社長、NECの山崎耕司モバイルターミナル事業本部長、富士通の岩渕英介モバイルシステム事業本部長らメーカーのキーパーソンが登場し、端末やネットワークインフラの戦略について解説する。

4G、モバイルUI、放送/通信連携――次世代ケータイをかいま見せるカンファレンスも

 カンファレンスには、3.9Gや4G、モバイルマルチメディア放送、次世代ケータイをテーマとするものも多数ラインアップされる。

 22日に開催される「4G+将来NW構想フォーラム」(Cコース)には、総務省 総合通信基盤局移動通信課長の渡辺克也氏をはじめ、NTTドコモ 無線アクセス開発部の尾上誠蔵部長、KDDI技術渉外室 企画調査部 標準戦略グループで課長補佐を務める小林修氏、ウィルコム サービス開発本部 次世代事業推進室の上村治室長が、次世代無線ネットワークへの取り組みを説明する。

 またiPhoneの登場以来、注目を集めるユーザーインタフェースのカンファレンスも用意され(Lコース)、ソシオメディア シニアコンサルタントの川添歩氏、ユビキタスエンターテインメントの清水亮社長、電気通信大学の教授で先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター長を務める中嶋信生氏がモバイルUIの今とこれからを分析する。

 さらに、総務省主催の懇談会で仕様やサービスが討議されている「次世代マルチメディア放送」に関するカンファレンス(Mコース)には、総務省をはじめ、ISDB-Tmmを推進するドコモ、MediaFLOを推進するモバイルマルチメディア企画メディアフロージャパン企画のキーパーソンが登場し、それぞれの立場から推進する技術やビジネスモデルをアピールする。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.