レビュー
» 2008年06月18日 16時35分 UPDATE

水着とお風呂で解説する「F706i」 (1/5)

“元祖防水ケータイ”の富士通製端末「F706i」。5機種目となる今回のモデルは幅49ミリ、厚さ16.9ミリのスリムな回転2軸ボディとワンセグを備え、お風呂やキッチン、プールサイドなどの水回りでも安心して使える。では、毎年恒例となった「水着とお風呂」でF706iの使用シーンを見ていこう。

[岩城俊介,ITmedia]

 ドコモ初の“お風呂ワンセグ”として登場する富士通製防水FOMA「F706i」。お風呂やキッチン、プールサイドなどの水回りや雨天時も安心して使えるIPX5/IPX7相当の防水性能を備えるケータイとして、新たにワンセグと厚さ16.9ミリのスリムな回転2軸型ボディを採用して進化した。

 富士通製の防水ケータイは「F703i」(2007年1月発売)以来、今回のF706iで5機種目。F703iはこれまで耐衝撃性能も兼ねるアウトドア志向だった携帯の防水性能を、他社に先駆けて“よりカジュアル”に使うスタイルをはっきり提案した端末だった。2008年夏モデルはソフトバンクモバイル端末が「女性」をテーマにしたカジュアルな防水端末を多く投入することも含め、ケータイも腕時計と同様に防水性能を備えることが当たり前になりつつある。

 「当初はどのような防水処理を施したかという“技術”をアピールしましたが、昨今のユーザーニーズや他社さんの動向を見ると、防水が“当たり前”になりつつあります。富士通の防水ケータイは今回のF706iで5機種目となりますが、“元祖”防水ワンセグということで予想以上によいものに仕上がりました。お風呂やキッチン、プールサイドなどで、水濡れを気にせずばんばん、かつおしゃれに使っていただきたいと思います。」(富士通経営執行役 モバイルフォン事業本部長の佐相秀幸氏)

photophoto 富士通製の防水ワンセグ「F706i」。カラーはCrystal Blue、Precious Black、Jewel White、Sparkling Pinkの4色。背面パネル全面で表現する華麗なイルミネーション、ヒンジ部にきらりと光る蒸着塗装、Sparkling Pinkは細かいラメ入りの塗装を施すなど、ワンポイントの工夫がある。もちろんブルーやブラックなどは男性もまったく違和感なく使える。発売は6月20日

 では、F706iをお風呂やプールサイドでどう使えるか。水着で紹介していこう。

photophoto  
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.