調査リポート
» 2008年07月16日 07時00分 UPDATE

ポイントカード、3人に2人が「1枚にまとめたい」

アイシェアが、ポイントカードの利用に関する意識調査の結果を発表。所有するポイントカードの数は「5〜6枚」が最多。、男性に比べ、女性の方が所有枚数が多いことが分かった。貯まったポイントについては、約半数が「電子通貨」として使いたいと回答している。

[ITmedia]

 アイシェアは7月15日、「ポイントカードに関する意識調査」の結果を発表した。調査は7月2日から4日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は491名。

 同調査によれば、ポイントカードの所有枚数は「5〜6枚」が27.3%と最も多く、「3〜4枚」が24.4%、「1〜2枚」が11.0%、「9〜10枚」が10.4%と並び、1枚も持っていない人はわずか3.3%だった。男性は「1〜2枚」が13.3%で3位だったのに対し、女性は「9〜10枚」が14.9%で3位となっており、9枚以上所有者を合わせると35%と、一般的に女性の方が所有枚数が多いことがうかがえる。

 ポイントカードが1枚にまとまるとしたらどう思うかという質問には、「ぜひ1枚にしたい」が66.6%と3分の2を占め、「1枚にしたいが不安」の21.8%と合わせると賛成派が9割近くを占めた。他方で1枚にまとまることに否定的な人は、30代では10.4%、40代では12.2%程度だが、20代では19.7%と比率が高くなり、20代では11.3%が「複数あるほうが便利」と回答している。

 貯まったポイントはどんな使い方が望ましいかを聞くと、「電子通貨」が48.5%、「現金と交換」が31.4%、「割引券と交換」が10.8%の順となった。男性は「電子通貨」を望む人が「現金と交換」の2倍となったが、女性では両者の差は7ポイントと小さい。年代別では、20代の16.9%が「割引券と交換」と回答している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう