ニュース
» 2008年08月25日 16時02分 UPDATE

グッドデザインエキスポ2008:「くまふぉん」いよいよ発売か 気になるお値段は?

グッドデザインエキスポ2008のウィルコムブースに展示されたぬいぐるみケータイ“くまふぉん”。コンセプトモデルではあるが、販売価格が入ったリーフレットも配布され、製品化への本気度はかなり高いようだ。

[平賀洋一,ITmedia]
photo グッドデザインエキスポ2008のウィルコムブース

 ウィルコムは、8月22日から24日まで東京ビッグサイトで開催された「グッドデザインエキスポ2008」にW-SIM端末のプロトタイプ「Kuma Phone」と「nico.Marble」を出展した。

 Kuma Phone(くまふぉん)は、2007年4月に行われた「WILLCOM FORUM&EXPO 2007」で初公開されたコンセプトモデル。PHSに必要な機能をモジュール化したW-SIMを使うことで、さまざまなジャケット端末を展開できることを示している。

 初登場から何度かモデルチェンジを行ってきたくまふぉんだが、今回展示されたものは最終版に近く、「商品化を強く意識したもの」(説明員)だという。配布されたリーフレットには“¥55,000”と価格が5万5000円であることを示す表示もあり「企画した部署はかなり本気。発売するならこの金額」(説明員)とのことだが、本当に発売するかどうかは「検討中」とややトーンダウン。世界初の“ぬいぐるみケータイ”実現に向け、ウィルコム首脳陣の英断に期待したいところだ。

photophoto 「最終版に近い」(ウィルコム)という今回の“くまふぉん”。少し寂しげに電話を待つ姿が印象的

 ぬいぐるみのデザインはアンティーク・テディベアのような細身で、WILLCOM FORUM&EXPO 2008ワイヤレスジャパン2008で展示されたものとは別もの。また、重量バランスのせいか座らせるとややうつむきがちになり、なんとも寂しげ。これは「“だれか電話してこないかな”とちょっと寂しく見えるようにした。Kuma Phoneに寂しい思いをさせないよう、たくさん電話してほしい」(説明員)からだという。

 ぬいぐるみ内部にW-SIMと電源の単三形乾電池を内蔵でき、電話がかかってくると振動して着信を知らせる。また、右手・左手・右足・左足と電話番号を4つ登録でき、 それぞれを1秒以上押し続けて電話をかけることが可能。ハンズフリー機能も用意しており、電話を切るにはしっぽのスイッチを1秒以上つまむ。

photophoto 会場では、展示端末同士で実際に通話することができた

photophotophotophoto 歴代くまふぉん。左からWILLCOM FORUM&EXPO 2007で初登場したもの、昨年の「グッドデザイン・プレゼンテーション2007」で公開されたパッケージ入りのもの、今年のWILLCOM FORUM&EXPO 2008とワイヤレスジャパン2008で公開されたもの

 一方のnico.Marbleは、「nico.」のカラーバリエーションといえる端末。色とりどりのダイヤルキーを備えており、その名のとおりマーブルチョコを使っている様に見えるのが特徴。仕様などはnico.と変わらないと思われ、こちらのリーフレットには“¥20,000”と価格が2万円であるかのような表示がある。こちらもあくまでコンセプトモデルとしての展示であり、発売するかどうかは検討中とのこと。

photophoto マーブルチョコの様なダイヤルキーを持つ「nico.Marble」
photophoto 配布されたリーフレット

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.