ニュース
» 2008年09月04日 15時25分 UPDATE

総務省、HSPA+方式の導入に向けた告示改正案を公表――意見募集を開始

総務省が9月3日、HSDPA方式を拡張した高速通信規格「HSPA+」の導入に向けた、告示改正案を公表した。合わせて改正案に関する意見の募集を開始した。

[ITmedia]

 総務省は9月3日、HSDPA方式をベースとする高速通信規格「HSPA+」(HSPA Evolution)方式の通信を実現するための公示改正案を公表した。

 「HSPA+」(HSPA Evolution)は、既存のW-CDMA/HSDPAのネットワークとの互換性を持つ高速通信規格で、既存のHSPAと比べてネットワークのデータ通信容量を2倍に、音声通信容量を3倍に拡張できる。

 今回の公示改正案は、無線ブロードバンドのさらなる高速化ニーズを受けて作成したもので、パケット通信のデータ伝送速度を現在の下り14Mbpsから22Mbpsに、上り2Mbpsから12Mbpsに変更する予定だ。

 総務省では改正案の公表に合わせて、10月3日まで意見を募集する。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.