調査リポート
» 2008年10月01日 07時10分 UPDATE

スマートフォンの購入、重視するのは「通信料金」と「機能」

ネットエイジアがスマートフォンの購入に関する意識調査の結果を発表。購入を検討する際に重視するのは「通信料金」が約7割とトップで、「機能」という回答が約6割で続いた。一般的なケータイ選びで重視される「デザイン」という回答は約4割にとどまっている。

[ITmedia]

 ネットエイジアは9月30日、「スマートフォンの購入についての調査」の結果を発表した。同調査は9月19日から21日まで、同社が展開する全編Flash型の動画リサーチ「リサーチTV」で実施したもので、有効回答数は793人。

 同調査によれば、「(未発売のものも含めた)各社のスマートフォンを知っているか?」という質問には、「ウィルコム W-ZERO3」の認知度が21.7%、「NTTドコモ BlackBerry」が17.2%、「ソフトバンクモバイルXシリーズ(X03HTなど)」が10.2%となった。なお、「イー・モバイル Touch Diamond」は未発売ながら6.8%に認知されていた。

 iPhoneとiPhone以外の機種について購入意向を聞いたところ、iPhoneを「購入する予定である」人は1.4%、「購入したいと思うが具体的な予定はない」が25.0%。iPhone以外のスマートフォンでは、「購入する予定である」が0.4%、「購入したいと思うが具体的な予定はない」が16.6%となった。ネットエイジアでは、iPhone人気は依然、高いものの、iPhone以外の機種についてもそれなりの購入意欲があると分析している。

 スマートフォンを購入したいと思っている回答者259人に、スマートフォン購入時に重視したい項目を複数回答形式で聞いたところ、1位は「通信料金」で70.3%。以下、「機能」が62.5%、「端末価格」が59.1%と続いた。一般の携帯電話で重要視される傾向の「デザイン」は39.0%にとどまった。またスマートフォンで使用したい機能については、1位が「PC向けWebの閲覧」で64.5%、2位が「メール」で51.0%、3位が「タッチスクリーン」で45.9%となった。

 また、スマートフォンを購入する際に参考にしたい情報源を複数回答形式で聞いたところ、1位が「製品比較サイト」で56.8%、2位が「メーカーや企業が運営するサイト」で55.2%、3位が「店頭」で34.4%。以下は「友人・知人」が29.0%、「カタログ」が26.6%、「ショップのスタッフ」が19.7%と並んだ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう