ニュース
» 2008年10月07日 14時39分 UPDATE

WILLCOM D4用更新ソフト公開──「意図しないスリープ復帰」を改善

シャープは「WILLCOM D4」用更新ソフトウェアを公開。キーロック時に休止から復帰する際の動作や、スリープ時の復帰設定に関する機能が改善される。

[ITmedia]
photo WILLCOM D4

 シャープは、ウィルコムの「WILLCOM D4」用更新BIOSなどを公開した。

 改善内容は、

  • キーロックがかかっている状態で、休止状態から復帰する際の動作を改善
  • スリープ時に、任意のキーを押すことで復帰するか否かを設定する機能を追加

 の2点。ソフトウェアの更新と設定により、液晶部分を押すだけで有効になる意図しないスリープから復帰する現象が回避できるとする。また、セットアップユーティリティ Advancedメニュー内に「Any Key Resume」が追加され、スリープ状態から任意のキーを押すことで復帰するか否かを設定できるようになる。

 ソフトウェアバージョンは、「BIOS 1.05」「EC/KBC 1.05」。更新ファイルは、サポートサイト(関連サイト参照)からダウンロード可能。ファイル容量は約754Kバイト。

関連キーワード

ウィルコム | WILLCOM D4 | シャープ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう