ニュース
» 2008年10月30日 07時00分 UPDATE

富士通も下方修正 HDD、携帯、PCなど市況悪化

富士通が今年度の連結業績予想を下方修正した。営業利益は前年同期比26.8%減の1500億円にとどまる見通しだ。

[ITmedia]

 富士通は10月29日、2009年3月期の連結業績予想を下方修正し、営業利益が前期比で26.8%減となる1500億円にとどまる見通しだと発表した。前回予想は2200億円だった。ロジックLSIや電子部品、HDD、PC、携帯電話で減収を見込むため。

 修正後の予想は、売上高が5兆500億円(前回予想は5兆3500億円)、経常利益が1200億円(同1850億円)、純利益が600億円(同1000億円)。

 LSI、電子部品、HDD、PC、携帯電話などで市況が悪化している上、世界的に競争が激化。さらに円高の進行に伴い、ユーロやポンドについて下期の想定レートを見直し、ユーロは前回予想の155円から125円に、ポンドは200円から160円に修正する。ドルは上期と同じ100円。

 4〜9月期の連結決算は、売上高は前年同期比2.4%減の2兆4537億円、営業利益は12.3%減の385億円、経常利益は同2.9%減の290億円。純利益は46億円で、93億円の赤字だった前期から黒字転換した。

関連キーワード

富士通 | 業績予想 | 下方修正


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう