ニュース
» 2008年11月12日 15時54分 UPDATE

商戦期の谷間、端末購入は“様子見”傾向――JEITA 9月携帯出荷台数

電子情報技術産業協会(JEITA)が9月の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表した。9月は夏商戦から冬商戦への谷間の時期にあたり、出荷台数も200万台の水準にとどまった。

[ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)が11月12日、2008年9月の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表した。累計出荷台数は231万7000台で前年同月比93.1%となり、3カ月連続で前年同期の数字を下回った。

Photo 携帯電話出荷台数と3G比率、ワンセグ搭載比率の推移

 携帯電話の出荷台数は前年同月比95%の223万4000台となり、3カ月連続で前年同期比でマイナスを記録。9月は夏商戦から冬商戦への谷間の時期にあたり、様子見のユーザーも多かったとみられる。なお、この時期には旧モデルが比較的、安価で販売されるケースも見受けられたが、出荷実績の大きな伸びにはつながらなかった。

 ワンセグ搭載モデルの出荷台数は、前年同月比190.8%の142万4000台で、搭載比率は63.7%だった。

 PHSの出荷台数は前年同月比60.6%の8万2000台で、3カ月連続のマイナスとなった。

Photo PHS出荷台数の推移

関連キーワード

携帯電話 | PHS | 携帯電話市場 | JEITA | ワンセグ | 商戦


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう