ニュース
» 2008年11月20日 15時38分 公開

ドコモ、学校・学習塾向けの児童見守りASPサービス「こどモニタ」を発表

NTTドコモは11月20日、学校法人や学習塾などを対象にした、児童見守り機能を提供するASPサービス「こどモニタ」を2009年春からの提供を目標に開発すると発表した。登下校通知や位置通知、連絡事項の伝達機能などを用意する。

[ITmedia]

 NTTドコモは11月20日、学校法人(主に小学校)や学習塾向けの、児童の登下校状況を通知や連絡事項をメール配信などが可能なASPサービス「こどモニタ」を発表した。2009年春からの提供開始を目標に開発を進める。

 こどモニタは、キッズケータイ(F801i、SA800i)で利用できるASPサービスで、ドコモがサービス利用に必要なプラットフォームを構築して提供。学校法人や学習塾は、専用システムを構築することなく、短期間かつ低コストで導入できる。提供予定の主な機能は以下の3つとなっている。

  1. 登下校通知機能
  2. 位置通知機能
  3. 学校連絡機能

 登下校通知機能は、生徒が登下校の際に携帯電話を操作することで、登下校したことを保護者にメールで通知する機能。学校側も、児童の登下校時刻をPCで確認できる。位置通知機能は、児童が任意の場所で携帯電話を操作することで、保護者に位置情報をメールで知らせることができる機能。保護者側が位置情報を確認するまで、一定間隔でメールを再送する開封確認機能も提供する。学校連絡機能は、保護者や児童に対して連絡事項をメールで配信できるもの。学校側は保護者や児童がこのメールを読んだかどうか確認できる。

 申し込みは全国のドコモ法人営業部門で受け付ける予定。対応機種は今のところF801iとSA800iのみだが、位置情報専用端末「CTG-001G」や、他事業者の携帯電話にも順次対応していく。

Photo こどモニタの利用イメージ
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう