調査リポート
» 2008年12月08日 07時10分 UPDATE

「視聴料がかかる」という誤解も――ワンセグを利用しない理由

アイシェアが、ワンセグ利用に関する実態調査の結果を発表。ワンセグ端末保有者の半数超がほとんど利用しておらず、その理由は「外出先で見ようと思わないから」が最多となった。また、少数ながら「視聴料がかかる」と誤解している人もいるようだ。

[ITmedia]

 アイシェアは12月5日、「ワンセグに関する意識調査」の結果を発表した。調査は11月18日から20日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は419人。

 同調査によれば、回答者のうちワンセグ対応の携帯利用者は43.2%、非対応の携帯利用者は56.8%。ワンセグ対応携帯の利用者にワンセグ機能の利用状況を聞くと、「よく利用している」は6.5%、「たまに利用している」が38.1%で、利用している層は合わせても44.8%だった。一方「あまり利用していない」は23.2%、「ほとんど利用していない」は32.0%にのぼり、性別、年代を問わず半数以上が「利用していない」と回答した。

 対応機種でありながらワンセグを利用していないユーザーに、「利用しない人が多い理由」を複数回答形式で聞いたところ、「外出先で見ようと思わないから」が32.0%、「電池を消耗するから」「電波が弱いから」がそれぞれ30.0%、「家のテレビで見るから」が28.0%と、ほぼ同程度で並んだ。「視聴料金がかかると思うから」との回答は2%となっている。

 ワンセグを利用者に「利用しない人が多い理由」を推測してもらったところ、「電池を消耗するから」が69.1%と突出しており、40代では81.5%に達した。以下「電波が弱いから」が37.0%、「家のテレビで見るから」が34.6%、「外出先で見ようと思わないから」「画面が小さいから」「受信エリア外だから」が20%台。実際には不要にも関わらず「視聴料金がかかるから」という回答も16.0%にのぼり、女性では24.2%と、非利用者の「利用しない理由」とは異なる傾向が見られた。

 さらにワンセグ非対応の携帯利用者に「利用しない人が多い理由」を推測してもらうと、58.8%が「電池を消耗するから」、45.0%が「外出先で見ようと思わないから」となり、これに「家のテレビで見るから」「画面が小さいから」が30%台で続く。さらに「視聴料金がかかると思うから」と回答した人は15.1%となった。

 アイシェアでは、ワンセグには「電池の消耗が気になる上に、費用がかかる」というネガティブイメージが、少なからずあるようだとまとめている。

関連キーワード

ワンセグ | アイシェア | 意識調査


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.