レビュー
» 2009年01月23日 00時00分 UPDATE

「N-04A」の“ここ”が知りたい:第1回 16GバイトのmicroSDHCは使える?──「N-04A」 (1/2)

“amadana”コラボのスリムスライドボディに、3インチのフルワイドVGAディスプレイやタッチセンサーキー、ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothなど、デザイン性と高機能を両立させたスタイルが特徴の「N-04A」。カタログ値では8Gバイトまで対応とあるが、より大容量の16GバイトmicroSDHCが使えるだろうか。

[岩城俊介,ITmedia]

 厚さ12.9ミリの薄型フルスライドボディと、デザイン家電ブランド“amadana”とのコラボによる優れたデザイン性が特徴の“SMARTシリーズ”が「N-04A」(NEC製)。このスリムボディにフルワイドVGA(480×854ピクセル)の3インチTFT液晶やワンセグ、おサイフケータイ、タッチセンサー+横向きUI、320万画素AFカメラ、iコンシェル、iウィジェット、FOMAハイスピード(下り最大7.2Mbps)Bluetooth、SRS WOWサウンドなど、「N-01A」や「N-02A」に迫る高い機能を搭載する。

photophoto NEC製の“NEW amadanaケータイ”「N-04A」。カラーはamadana black、amadana white、ultimate pink、amadana brownの4色で展開する

質問:16GバイトのmicroSDHCは使える?

photo 16GバイトのmicroSDHCも普通に認識する

 N-04Aのカタログスペックは8GバイトのmicroSDHCまで対応とあるが、手持ちのサンディスク製16GバイトmicroSDHCが問題なく認識し、普通に利用できた。

 microSDスロットはバッテリーを外してアクセスする仕様で、本体裏面の中央付近にFOMAカードスロットと並んで備わる。microSDを頻繁に抜き差しするユーザーはやや面倒だが、この本体サイズを考えると仕方ないか。16Gバイトモデルのほか、安価になった8GバイトクラスのmicroSDHCとともに“差しっぱなし”で使うのもいいと思う。

 ちなみに、外部端子は3G標準の充電/通信端子のみ本体右側面に備わる。AV-OUT端子が省かれたので、音楽用途に有線イヤフォンを使用する場合は充電/通信端子に変換アダプタを介して接続する。蛇足だが、N-04Aは臨場感のある音質に補正する「SRS TruMedia」や「バーチャル5.1chサラウンド」、そしてBluetoothも搭載。別途Bluetoothオーディオ機器を使用して(amadana brownはamadanaブランドのイヤフォンとBluetoothユニット Wireless N01が試供品として付属する)音楽や動画、ワンセグの音声をワイヤレス出力することも可能となっている。

photophoto microSDスロットはバッテリーカバーのみならず、バッテリーそのものも外さないとアクセスできないのは少し残念
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.