ニュース
» 2009年02月16日 17時51分 UPDATE

Mobile World Congress 2009:Windows Mobile、Android、iPhoneでiアプリを――アプリックスがアプリ自動変換技術

iアプリをWindows MobileやAndroid、iPhone、S60、ポータブルゲーム機でも――。アプリックスがドコモの協力のもと、iアプリをオープンプラットフォーム向けアプリに自動変換する技術を開発した。

[ITmedia]

 アプリックスは2月16日、NTTドコモのiアプリをWindows MobileやS60、Android、iPhone、ポータブルゲーム機などのオープンプラットフォーム向けアプリケーションに自動変換する技術を開発したと発表した。NTTドコモの協力を得て開発した技術で、スペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress 2009の同社ブースでデモを披露している。

 アプリックスがコンテンツプロバイダ向けにツールとして提供するもので、ツールを通してバイナリのiアプリをターゲットとなるプラットフォームのネイティブアプリに変換する仕組み。生成されたアプリには、それぞれのプラットフォームに合わせたランタイムのライブラリがリンクされ、タッチパネルを指でなぞったり画面の向きを縦横に変えるといった動作や、iPhoneのフリック操作などにも自動で対応する。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.