ニュース
» 2009年04月27日 23時00分 UPDATE

今日のアプリ第387回:ユーティリティ:イヤフォンからの音をiPhoneのマイクで拾って距離を測る「Sonic Ruler」

iPhoneとイヤフォンがあれば、簡単に2点間の距離が計測できる便利なアプリが「Sonic Ruler」です。iPhoneに付属するマイク付きのイヤフォンではうまく動作しないという問題はありますが、iPhone本体よりも長い距離を測る際に役立ちます。

[iPhone・iPod touch ラボ]
iPhone・iPod touchラボ
Photo

 「Sonic Ruler」は、イヤフォンの音をiPhone本体のマイクで感知し、その音の伝わる時間から長さを測る簡易メジャーアプリです。

 音が空気中を約340メートル/秒で進む(気圧や温度によって変化します)ことを利用し、イヤフォンとマイクの間で生じる時間差から長さを割り出すという仕組みです。測りたい物の端に左のイヤフォンを、もう一方にはiPhoneのマイク(ホームボタンの右下)を置いてボタンを押すと、一瞬にして長さを計測して表示します。

 iPhone本体のマイクで音を拾うように設計されているため、iPhone 3Gに付属しているヘッドフォンは付属のマイクが邪魔をして正確に測れない場合があります。開発者は、マイクの付いていないヘッドフォン、とくにApple純正のイヤフォンの利用を推奨しています。以下のテストではiPod touch 2Gのイヤフォンを利用しました。

 使い方は、イヤフォンを接続、ボリュームを最大にしてボタンを押す、というシンプルなものです。

ボタンを押すと、"プチッ"という音がイヤフォンから出力され、それを感知すると画面にスパイクが表示されます。このスパイクを使って時間を測定しているので、周囲の騒音が大きい場所ではうまく動作しないかもしれません。

PhotoPhoto

 より正確な測定をするためにキャリブレーション機能がついています。マイクにイヤフォンを付けて行う“Auto-Cal”をするか、測定した距離をメジャーで測って誤差を補正します。

PhotoPhoto

 測定結果を表示する単位は、インチ、フィート、メートルから選択ができます。測定できる範囲は、イヤフォンの長さによって制限されます。AppleのiPod touchに付属するイヤフォンを使用した場合は、約90センチまでとなります。

PhotoPhoto

 解説では、誤差は約1インチ(2.54センチ)以内とされています。キャリブレーションをした上で行ったテストでは、ほとんどの場合で、±1.0センチ以内に収まりました。メジャーが手元になく、ざっくりと長さを測りたい場合には使えるかもしれません。

今日のアプリ 第387回
タイトル Sonic Ruler
カテゴリ App Store > ユーティリティ
開発 Aptomic LLC
対応機種 iPhone
価格 115 円
レーティング ★★★★☆

プロフィール

iPhone・iPod touch ラボ」は、アプリの紹介を中心に、ニュース、便利な使い方、アクセサリーのレビューなどを、“初心者にも分かりやすく”、お伝えすることを目的としたブログです。


Copyright (c) 2007-2014 iPhone/iPod touch Lab, All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう