ニュース
» 2009年05月26日 13時59分 UPDATE

au夏モデルの新サービス:よく使う機能をメニューに自動表示――auの「クイックアクセスメニュー」

auが夏モデルの2モデルに「クイックアクセスメニュー」を搭載。よく使う機能やサービスが表示される“自分オリジナル”のメニューとして利用できる。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIはauの夏モデルから、よく使う機能をメニューに自動表示する「クイックアクセスメニュー」を搭載すると発表した。

 夏モデルの対応機種は「biblio」と「T002」の2モデル。夏モデル以降の端末で、対応機種を順次拡大する予定だ。

 対応端末には、専用の「クイック」キーが用意され、このキーを押すと、12のアイコンが並ぶクイックアクセスメニューが表示される。このメニューには、ユーザーの利用頻度が高い機能が自動で表示され、よく使う機能にすばやくアクセスできるようになる。

sa_qm03.jpgPhoto biblioでクイックアクセスメニューを表示したところ(左)。対応端末には専用の「クイック」キーが用意される

 メニューに表示されるのは、auケータイの各機能、EZアプリ、お気に入りフォルダ内にあるEZwebやフルブラウザのブックマーク。携帯電話の機能については、例えばメールの場合は、新規作成や受信ボックスが別でメニューに表示されるなど、より必要な機能にアクセスしやすい仕様になっている。

 クイックアクセスメニューは、従来端末に搭載されているマルチプレイウィンドウメニューを拡張した機能で、複数機能を同時に利用したい場合にも利用できる。設定を変更すれば、従来通りの固定メニューとして利用できる。

Photo よく使うメニューが自動で表示される
sa_qm05.jpgPhoto クイックアクセスメニューは12のアイコンで構成され、左上のアイコンはメインメニューで固定される。残りの11アイコンが、ユーザーの利用頻度に応じて入れ替わる

関連キーワード

au 2009年夏モデル | biblio | T002


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう