ニュース
» 2011年12月09日 19時00分 UPDATE

携帯販売ランキング(11月28日〜12月4日):国産スマホがiPhoneに反撃 ついに首位交代 (1/4)

発売以来続いていた「iPhone 4S」の首位が崩れた。1位を獲得したのは、NTTドコモのシャープ製端末「AQUOS PHONE SH-01D」だ。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2011年11月28日〜2011年12月4日
順位前回順位キャリアモデル
1位NTTドコモAQUOS PHONE SH-01D
2位2ソフトバンクiPhone 4S(32Gバイト)
3位1ソフトバンクiPhone 4S(16Gバイト)
4位3NTTドコモGALAXY S II LTE SC-03D
5位11ソフトバンクiPhone 4S(64Gバイト)
6位5NTTドコモARROWS Kiss F-03D
7位7auiPhone 4S(16Gバイト)
8位4NTTドコモGALAXY S II SC-02C
9位9auiPhone 4S(32Gバイト)
10位270NTTドコモREGZA Phone T-01D

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo AQUOS PHONE SH-01D

 海外メーカーの端末が上位で目立っている最近の携帯販売ランキング。しかし、今回は日本メーカーの端末がその空気に“待った”をかけた。

 携帯販売ランキングのキャリア総合では、7週連続で続いていた「iPhone 4S」のトップがついに崩れた。今回首位に躍り出たのは、初登場のNTTドコモ端末「AQUOS PHONE SH-01D」だ。同モデルはシャープが開発を担当し、withシリーズの中でも充実した機能・性能を持っている。まずは最高の位置からのスタートとなったが、次回の順位がどうなるかにも注目したい。

 iPhone 4Sはトップの座こそ譲ったものの、トップ10に5モデルがランクインし、まだまだ人気がある。さらに、発売して間もないドコモの「GALAXY S II LTE SC-03D」や「ARROWS Kiss F-03D」も、それぞれ1ランクダウンはしたもののトップ10に入っている。また、発売を一時停止していた「REGZA Phone T-01D」も、販売再開を受けてトップ10に浮上してきた。



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.