ニュース
» 2012年01月19日 16時19分 UPDATE

「Sweety 003P」のソフト更新を一時停止 キー操作が無効になる不具合が発生

ソフトバンクモバイルは、パナソニック モバイル製Android「Sweety 003P」のソフト更新を一時停止した。ソフトを更新することで、画面が消灯状態から復帰せず、キー操作も無効になる不具合が判明したため。

[平賀洋一,ITmedia]
photo パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「Sweety 003P」

 ソフトバンクモバイルは、2011年12月21日に公開した「Sweety 003P」向けのソフト更新を一時停止した。

 このソフト更新を適用すると、液晶画面が消灯状態から復帰しない不具合が発生したため。消灯症状のままキー操作も無効になり、復帰させるには端末から電池パックを一度外して電源を入れ直す必要がある。

 なお、この症状は「緊急地震速報」を利用しない設定(アプリ一覧→緊急地震速報→メニューボタン→受信設定→チェックボックスのチェックを外す→利用しない)にすることで回避できるという。改善版の更新ソフトは、準備が出来次第、同社WebサイトやSMSなどで告知される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう