トップ10
» 2012年06月25日 21時00分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:値下げ? 値上げ? ドコモの「Xi」新パケット料金――(6月18日〜6月24日)

ドコモが新しいXi向けパケット料金を発表した。スマホ向けでは従来よりも1050円の値下げとなるが、今行っているキャンペーンと同じ価格であり、速度制限がかかるまでの月間データ量が、7Gバイトから3Gバイトになる。

[平賀洋一,ITmedia]

 今回の+D Mobile Weekly Top10は、6月18日から6月24日までに読まれた記事のアクセス数を集計した。夏モデルの販売が本格化するこの時期、NTTドコモが10月から開始する「Xi」向けの新しいパケット料金を発表した。2年契約が条件のスマホ向け「Xiパケ・ホーダイ ライト」と、同じくデータ端末向け「Xiデータプラン ライト にねん」は、月額料金が従来よりも1050円安い4935円という設定。記事ランキングでもこのニュースがトップとなった。

 しかし、この新料金には純粋な値下げとは言えない面もある。というのも、9月末までは「Xiパケ・ホーダイ フラット」に「Xiスタートキャンペーン2」を適用すれば同じ月額4935円で使えるうえ、帯域制御がかかる月間のデータ量が、現在の7Gバイトから3Gバイトになる。ユーザーからすれば、(9月までは)同じ料金で使えるデータ量が半分以下になり、値下げの実感が得られない。

 LTEサービスについては、KDDIとソフトバンクモバイルがこの秋にサービスを開始する予定。また、現在はLTEのデータ通信サービスのみ提供しているイー・アクセスも、本年中にLTEスマホを発売すると表明している。ドコモのXi新料金は追従する他社への先手と言えるが、これに対して各社がどのような価格設定をするのか、今から注目だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう