ニュース
» 2012年07月26日 21時39分 UPDATE

KDDIの映像サービス「ビデオパス」、auのAndroidタブレットに対応

KDDIが提供する映像サービス「ビデオパス」が、auタブレットに対応。Android 4.0以降を搭載する「REGZA Tablet AT500」「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」で利用できるようになった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは7月26日、映像サービス「ビデオパス」をauタブレットに対応させた。ビデオパスは、マルチデバイス対応のビデオオンデマンド(VOD)サービス。これまでauのAndroidスマートフォン、およびPC(Windows/Mac)向けに展開していたが、今後はauタブレットにもサービスを提供する。

 スタート時点の対象機種は「REGZA Tablet AT500」「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」で、Androidのバージョンは4.0以降。今後も対応機種を順次拡大していく予定だ。

 アクセス方法は、au Market→「ビデオパス」で検索、もしくはauスマートパストップから「ビデオパス」を選択する。またはauタブレット上のショートカットから「ビデオパス」アプリケーションをダウンロード。利用料金は、見放題プランが月額590円で、アラカルトプランは作品により異なる。なお、すでにauスマートフォンで「ビデオパス」を利用しているユーザーは、追加料金を必要とせずに同サービスが利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.