ニュース
» 2013年01月28日 18時57分 UPDATE

特集:iPhoneユーザーは見逃せない音楽アプリ15選 (2/3)

[山田祐介,ITmedia]

Denon Audio

photo Denon Audio
photo Denon Audio

photo

 オーディオブランドとしておなじみ、デノンが提供するイコライザー機能付きプレーヤー。デノンのヘッドフォンシリーズ「Music Maniac(ミュージック マニアック)」向けのアプリとして提供されているが、もちろんその他のイヤホフォンやヘッドフォンでも利用できるし、効果も実感できる。

 プリセットされたイコライザー設定をサクっと使えるのはもちろん、イコライザーのグラフを指で調節して自分好みの設定にカスタマイズすることも可能。無料なので気軽に試せるのもうれしいポイントだ。


StagePass

photo StagePass
photo StagePass

photo

 曲をライブ会場風の音色に変えられる、面白いアプリ。画面内の「会場」コーナーにズラリと並ぶ、実在するライブ会場(ざっと見た感じアメリカのライブハウスが多い)の中から好きなものを選ぶと、そのライブ会場風の音色で楽曲が楽しめる。

 エコーが効いている会場もあれば、乾いた低音がドンドンと響く会場もあったりと、それぞれに個性があって楽しい。アプリの説明文を見ると、開発者が2年の歳月をかけて各会場に足を運び、その音を実際に聞きながら音色を作り出したとか。本当に似ているのかどうか筆者は分からないが、聴いているうちにそれを確かめてみたくなる、そんなアプリだ。


amp – Audyssey Media

photo amp – Audyssey Media
photo amp – Audyssey Media

photo

 イヤフォンごとに最適な音を奏でる――そんな発想で作られたアプリが、オーディオ製品・技術会社Audyssey Laboratoriesの「amp – Audyssey Media」だ。Appleの各種の純正イヤフォンはもちろん、各社のイヤフォン向け音響設定がプリセットされており、自分の使っているイヤフォンの設定を使えば、より高音質なサウンドを楽しめる(かもしれない)。

 自分が普段使っているイヤフォンが対応していないと魅力が半減するアプリなので、公式サイト(英語)でラインアップを確認するといいだろう。製品名だけでなくイヤフォンの画像付きで案内してくれるので、分かりやすい。


Rondo Player

photo Rondo Player
photo Rondo Player

photo

 スピーカーの場所を設定するような感覚で、音が聞こえてくる方向や自分と音源との距離をバーチャルにコントロールできるアプリ。レーダーのような画面で音源の位置を調整すると、音色がさまざまに変化する。

 音源の近さは3段階の中で調節でき、レーダー風画面のサークルをタップすることで変更できる。音の方向は、iPhoneを持ちながら左右に傾けることで変更可能だ。気に入った場所があったら、設定をロックして同じ設定で聴き続けられる。


UBiO

photo UBiO
photo UBiO

photo

 カーオーディオ製品などを手がけるサウンドサイエンスが提供するイコライザーアプリ。450円と価格はそれなりにするが、スタイリッシュなデザインと、簡単操作で音を調整できるのが魅力的だ。自動で音をクリアかつダイナミックな雰囲気に調整してくれるので、自分で音をカスタマイズしなくても、使い始めた瞬間から音の違いが分かる。

 音楽に適したモードだけでなく、人の声が聞きやすくなるモードも備えている。同社の製品紹介ページでは、製品の効果を疑似体験できるコーナーがあるので、興味がある人は試してみるといいかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう