ニュース
» 2013年06月18日 15時26分 UPDATE

ソフトバンク、「HONEY BEE SoftBank 201K」でキー操作の不具合を解消するアップデート

ソフトバンクが、京セラ製スマートフォン「HONEY BEE SoftBank 201K」で、キー操作に関連する不具合を解消するアップデートを開始した。

[長浜和也,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは6月13日、京セラ製のスマートフォン「HONEY BEE SoftBank 201K」のソフトウェアアップデートを開始した。

kn_201k01_01.jpg HONEY BEE SoftBank 201K

 今回のアップデートで、メニューキー長押しによるアプリケーション「設定/起動」方法を変更し、液晶画面が消えている状態で、キーを押しても反応しない不具合を改善する。アップデート実施後のビルド番号は「118.0.1f00」になる。

 対象ユーザーの端末にはステータスバーのアイコンで告知するほか、ユーザーが自分で手動更新を行うことも可能だ。手動更新の場合は、ホーム画面から「設定」>「端末情報」>「ソフトウェアの更新」で行う。

 更新の所要時間は最大15分程度とソフトバンクはアナウンスしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.