ニュース
» 2013年08月26日 11時30分 UPDATE

ドコモ、「AQUOS PHONE SH-01D」と「ARROWS Kiss F-03E」でソフトウェアアップデートを開始

ドコモは8月26日、シャープ製の「AQUOS PHONE SH-01D」と富士通製の「ARROWS Kiss F-03E」で不具合を改善するソフト更新を開始した。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは8月26日、シャープ製の「AQUOS PHONE SH-01D」と富士通製の「ARROWS Kiss F-03E」でソフトウェアアップデートを開始した。

 アップデート内容の詳細は以下のとおり。

「AQUOS PHONE SH-01D」

photo 「AQUOS PHONE SH-01D」

 今回のアップデートにより、ブラウザでファイルをダウンロードする際、ダウンロードに失敗する不具合が改善される。新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は2時〜5時)に書き換えられる。「メニュー」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動更新も可能。更新時間は約9分で、更新後のビルド番号は「02.00.06」になる。

「ARROWS Kiss F-03E」

photo 「ARROWS Kiss F-03E」

 今回のアップデートにより、伝言メモを設定した際、設定した秒数を過ぎても伝言メモガイダンスに繋がらない不具合が改善される。新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は2時〜5時)に書き換えられる。「メニュー」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動更新も可能。更新時間は約4分。更新後のビルド番号はカラーで異なり、Innocent WhiteとPowder Mintは「V21R31A」に、Blush Pinkは「V21R31Ac」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.