ニュース
» 2013年11月19日 16時30分 UPDATE

ソフトバンク、プリペイド用端末「STREAM 201HW 3G」と「PANTONE 4 105SH」を発売

ソフトバンクモバイルは、スマートフォンのプリペイドサービス「プリスマ」向けにHuawei製の「STREAM 201HW 3G」、3G携帯電話のプリペイドサービス「プリモバイル」向けにシャープ製「PANTONE 4 105SH」を発売する。

[房野麻子,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、2013年11月22日よりスマートフォンのプリペイドサービス「プリスマ」向けにHuawei製の「STREAM 201HW 3G」、3G携帯電話のプリペイドサービス「プリモバイル」向けにシャープ製「PANTONE 4 105SH」を発売する。

PhotoPhoto 「STREAM 201HW 3G」(写真=左)と「PANTONE 4 105SH」(写真=右)

 「STREAM 201HW 3G」は、4.3インチQHD(960×540ピクセル)Super AMOLED 液晶、1.5GHzデュアルコアCPUを搭載し、1.8秒で10枚の高速連写が可能なカメラを搭載するシンプルなスマートフォン。AXGP方式(SoftBank 4G)に対応した「STREAM 201HW」が2012年10月に発売されているが、その3G版だ。

 「PANTONE 4 105SH」は、約2.9インチワイドQVGA(240×400ピクセル)の液晶ディスプレイや約320万画素CMOSカメラ、ワンセグなどを搭載し、全8色のカラーバリエをそろえる“PANTONEケータイ”。緊急速報メールやGSMによる海外ローミングに対応し、CMキャラクター白戸家のお父さんのオリジナルコンテンツを内蔵する。また、900MHz帯にも対応。4000円分のチャージが付いており、購入してすぐに使うことができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.