レビュー
» 2016年01月15日 20時15分 UPDATE

「auシェアリンク」で何ができる? 写真で解説する「Qua phone」「Qua tab 02」 (1/2)

上質でありながら手頃な価格が魅力の「Qua」シリーズに初のスマホと2台目のタブレットが登場。スマホとタブレットを連携させて便利に使える機能も搭載している。

[房野麻子,ITmedia]

 KDDI(au)のQuaシリーズは、上質でありながら手頃な価格が魅力のauのオリジナルブランド。2015年夏モデルで登場した京セラ製の「Qua tab 01」がシリーズ初のモデルだ。

 Quaとは「Quality(品質)」の頭文字を取ったもので、「購入しやすい価格だが、安心できて、サービスはサクサク動いて、しかもちょこっと未来が入っている」(KDDI 商品・CS統括本部プロダクト企画本部長 小林昌宏氏)というコンセプトで開発されている。

 auの2016年春モデルでは、Qua tabの新モデルとシリーズ初のスマートフォン「Qua phone KYV37」が登場した。Qua phoneは2月上旬発売予定で、価格は実質2万円台前半となる見込み。

「Qua phone」 カラーバリエーションは左からアイスブルー、シルバー、ブラックの3色を用意
「Qua phone」 無駄な装飾のないシンプルなデザイン

 総務省のタスクフォースで行き過ぎた販売奨励金が問題視されたことで、今後、キャリアは販売奨励金を減らす方向にいくと予想され、価格を抑えたミドルレンジ端末が充実しそうだ。

 同社の田中社長は12日の新製品発表会で「ミドルレンジを重視していかなくてはいけない」と明言している。また、小林氏は「auの中でベーシックラインを構築するような流れを作っていきたい。Quaシリーズは今後もラインアップを充実させたい」とも語った。

金属素材を採用したシンプルデザイン

 Qua phoneのディスプレイは5型HD(1280×720ピクセル)で、ボディは防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP5X)、耐衝撃性能(米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IVに準拠)を備えている。

「Qua phone」 標準的な5型ディスプレイを搭載し、女性の手にも調度いいサイズ。音と振動で相手の声を伝える京セラの「スマートソニックレシーバー」を採用しているので、通話用のスピーカーがない

 背面パネルに金属素材を採用し、厚さ7.9ミリと薄型に仕上げた。画面サイズが標準的かつ角を落としたフォルムなので、手になじむ持ちやすい端末だ。また、ディスプレイには傷が付きにくく高い強度を誇る旭硝子の「Dragontrail X」を採用している。

「Qua phone」 すっきりとした左側面
「Qua phone」 右側面にキーと端子がまとめられている。下部にストラップホールを配置
「Qua phone」 底面に外部接続端子
「Qua phone」 上面に3.5ミリのイヤフォン端子を備える

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 410に属するMSM8916(1.2GHz/4コア)。ストレージは16GB、メモリは2GBで、2200mAhのバッテリーを搭載。4G LTEとWiMAX 2+による通信に対応し、最大通信速度は下り150Mbps/上り25Mbps。au VoLTE、おサイフケータイに対応するが、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n(2.4GHzのみ)となっており、まさしくミドルレンジの1台だ。

「Qua phone」 アウトカメラは約1300万画素CMOS、インカメラが約200万画素CMOS
「Qua phone」 連写やマニュアル、タイムラプスムービーモードなどを備える

iPhone風の共通ホーム画面

 ホーム画面は、全てのアプリがホーム画面に配置される「auベーシックホーム for Qua」を採用。画面を下に引き下げられる「スライドスクリーン」機能も用意した。画面上部に指が届かない場合に、センターボタンの長押しでメニューを呼び出せる。また、キーボードの位置やサイズも好みで調整できるよ。

「Qua phone」 アプリアイコンはホーム画面に全て配置。適宜、フォルダを作って整理する方式だ。
「Qua phone」「Qua phone」 ホームボタンを長押しすると右上部にスライドスクリーンのアイコンが出現(写真=左)。そのアイコンに指をずらすと、ホーム画面が下に引き下げられる(写真=右)
「Qua phone」「Qua phone」 キーボードのメニューで「フローティングモードへ変更」を選ぶとキーボードの位置やサイズを変更できる(写真=左)。キーボード下のアイコンをタッチして好みに調整する(写真=右)

 また、通話時に相手の声を好みの音質に調整できる「聞こえ調整」機能を搭載した。甲高い音を軽減する「やわらかく」、こもった音を明瞭にする「はっきりと」、うるさく感じる音を小さくする「おさえめに」から選べる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.