連載
» 2016年03月19日 06時00分 UPDATE

「iPhone SE」(仮)よりスゴイ? “サイズ問題”を解決する最強のiPhoneを考えた (1/2)

新iPhone発表のたびに、画面サイズの大きさが話題になります。どれが自分に合っているのだろう――そんな煩わしい問題を解決する理想のiPhoneを妄想してみました。

[ちぷたそ,ITmedia]
iPhone 新iPhoneがまもなく発表(イラスト:ちぷたそ)

 来る3月21日(現地時間)、AppleがiPhone SE(仮)を発表するそうです。現段階で、外観やスペックについてさまざまな情報が飛び交っており、いちiPhoneユーザーとしても正式発表が楽しみです。

 筆者は「iPhone 4」から「iPhone 5s」(現役で使用中)に機種変更したのですが、当時はサイズが一回り大きくなったことで非常に戸惑ったものです。

 その後、4.7型の「iPhone 6」、5.5型の「iPhone 6 Plus」とますます大型化していくiPhone。

 今後ますます巨大化したら、一体どうなるのでしょうか?

利き腕のライフ 回避したい、利き腕だけ異常にムキムキの未来人

 もし、これ以上大きくなれば、寝転がってiPhoneいじってるときに誤って顔の上に落下……なんてことになったら大惨事だぞー! 

 今回の新iPhoneはiPhone 5sと同じ4型とうわさされていますが、もう画面サイズの問題に悩まされること自体イヤじゃないですか? 自分に合うサイズが発売されなかったら機種変にだって踏み切れないし。

 というわけで、今回はスマホユーザー永遠の課題である「iPhoneのサイズ問題を解消する」べく妄想していきます。

サイズ問題を無効化する立体映像

立体映像 スター・ウォーズで見たアレ

 端末片手に画面を操作――なんていうのはもう古い。そろそろ、本体をぎゅーっと小さくして、立体映像を投影する未来を夢見てはどうでしょうか。「スター・ウォーズ」とかでよくあるアレです。

 今は手のひらサイズの高性能プロジェクターや、レーザー投影式のカッチョイイキーボードなども商品化されており、妄想というほど遠い未来とは思えません。

 それに、投影された画面を手元で操作してるのってめちゃくちゃ「近未来を舞台にしたアニメ」っぽくないですか? 単に便利なだけでなく、オタク心もくすぐられちゃいます。選ばれし者として巨大ロボに乗る日はいつですか。スケジュール空けておきます。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.