まとめ
» 2016年04月06日 06時00分 UPDATE

「既読」マークをつけない方法も 意外と知らないLINEの小技5選

既読スルーに誤爆? コミュニケーションのトラブルを防ぎ、便利さを生かすためのさまざまなLINEの小技を知っておきましょう。

[ITmedia]

 親しい友達ともやり取りをするLINEですが、便利な反面、トラブルも起こしたくないですよね。「既読」マークをつけないテクニックをはじめ、今回はLINEを便利に活用する小技をお教えします。

「既読」をつけずにメッセージを読む

ms_26_1.jpg

 「既読」をつけずにLINEのメッセージを読む方法を知っていれば、「既読」をつけずにメッセージを読むことができます。

 メッセージが来たら、メッセージ一覧を開いた状態で「機内モードをオン」。メッセージを確認したら、LINEアプリを閉じてホーム画面へ。ホームボタンを二度押ししマルチタスク画面を開き、LINEを上フリックして消し、「機内モードをオフ」にしてください。これで、「既読」をつけずにメッセージを読むことが可能です。

 マルチタスクから削除せずに機内モードをオフにしたり、再びLINEを起動した瞬間に「既読」がつくのでご注意を。

「誤爆」を防ぐ方法

ms_26_2.jpg

 LINEのメッセージの送り先を間違えてしまったことはありませんか? LINEで誤爆を防ぐ裏技は「カンタンショートカットアイコン」を使って、「誤爆」を事前に防いでしまう裏技です。

 メニューバーの「…」→「友だち追加」→QRコード→右下の「自分のQRコード表示」→右上の「∨」→「メールで送信」とタップして、相手にアカウントURLを取得・送信してもらってください。「カンタンショートカットアイコン」をダウンロードして「web」のURL欄にこれを入力すれば、ホーム画面にその人のトークへのショートカットが作成されます。

ロック画面に通知を表示させない方法

ms_26_3.jpg

 LINEの新着メッセージは携帯のロック画面にも表示されます。机の上に置いておくと、ロックがかかっていても他人にメッセージを見られてしまいます。これを避けるには、ロック画面にLINEの通知を表示させない方法で、ロック画面にLINEの新着メッセージ通知を表示させないようにしましょう。

 携帯自体の「設定」画面から「通知」を選択。その中から「LINE」を選択すると通知設定画面が表示されるので、「ロック画面に表示」をオフにしてください。これでロック画面に新着メッセージ通知が表示されることを防ぎます。

グループチャット通知をオフに!

ms_26_4.jpg

 便利なグループチャット機能。一度会話が盛り上がると、ひっきりなしに通知が来て集中できないこともありますよね。そんなときは「LINEでグループチャットの通知をオフにする方法」で対処しましょう。

 まず、グループチャット画面の「∨」をタップ。すると「通知OFF」のボタンが表示されるので、タップして「通知ON」に変える。これだけで、そのグループチャットのメッセージは一切通知されません。他の通知はオフにならないので、別の人の連絡はちゃんと教えてくれますよ。

待ち合わせに便利な「位置情報」

ms_26_5.jpg

 土地勘のない場所で相手と待ち合わせをするとき、道に迷ったら困りますよね。自分の居場所を電話やメールで伝えようとすると、しどろもどろで相手に伝わりづらいケースもあります。

 そんなときはLINEで自分の現在地をマップで送りましょう

 メッセージ画面の左下にある「+」をクリックすると、「位置情報」ボタンがあります。これをタップすると、自分の今いる場所がリアルタイムで表示されます。ここで「この位置を送信」をタップすると、現在地の住所をメッセージで送ることが可能です。LINEのこの機能を使えば、待ち合わせミスも防ぐことができますよ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう