連載
» 2016年05月11日 06時00分 UPDATE

格安SIMで使える「中継電話サービス」のおすすめは?

[ITmedia]

 電話アプリのなかには、「中継電話」の仕組みを使って通話料を割安にするサービスがあります。このタイプの電話アプリでは、文字通り電話を中継するための設備をMVNOなどの事業者が提供しています。

 電話をかける際に指定された番号(“プレフィックス番号”と呼ばれます)を相手の電話番号の頭につけることで、いったん中継電話の設備に発信され、相手の電話番号につながる仕組みです。

 中継電話の仕組みを使った通話アプリには、楽天モバイルの「楽天でんわ」やフリーテルの「FREETELでんわ」、BIGLOBEの「BIGLEBEでんわ」などがあります。これらの特徴は、通話料が30秒あたり10.8円と通常の通話料のおよそ半額になる点。また、音声通話専用の中継設備を経由するため、インターネット回線を利用するIP電話アプリよりも音質が優れているという利点もあります。また、フリーダイヤルや110、119などの緊急通報への発信も可能です。

通話料が半額になるサービス以外にも、“かけ放題”サービスを提供している電話アプリもある

 楽天の「楽天でんわ」は、相手の電話番号を指定すると自動的に先頭に「0037-68-」が追加されます。そのまま発信すると、通常の半額となる30秒あたり10.8円で通話が可能です。また、月額918円を追加で支払うことで5分以内の国内通話が何度でも無料で利用できる「5分間かけ放題オプション」も提供しています。

電話番号を入力して「発信」をタップすればOK。ユーザーは「0037-68-」を入力する必要はない
発信されると、電話番号の先頭に「0037-68-」が自動的に追加される。なお、通話する相手にはこの番号は表示されない

 フリーテルの「FREETELでんわ」も通話定額のオプションを選択できます。通話料が半額になる「半額通話」に加えて、1分以内の通話がかけ放題になる「1分間かけ放題」(月額430円)と5分以内の通話がかけ放題になる「5分間かけ放題」(月額907円)の2種類を提供しています。短時間の通話をする機会が多い人は、こうした通話アプリをうまく活用することで、通話料を節約することができるでしょう。

 追加料金を支払うことで、通話料がさらに割安になる通話アプリもあります。BIGLOBEの「BIGLOBEでんわ」は、最大60分(国内通話料1200円分)の通話が月額650円で利用できる「通話パック60」というサービスを提供しています。1回あたりの通話時間がまちまちで5分以内に収まらないという人や、月の通話時間の総計が大体60分ぐらいという人に適したサービスといえるでしょう。

格安SIM なんでもQ&A

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホの全てが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう