コラム
» 2017年03月04日 06時00分 UPDATE

「iPhoneの画面を割る人」のパターン5選

[ITmedia]

 iPhoneを落とすと、画面が割れていないかどうか、ひやっとしますよね。地面に落ちたiPhoneを拾い上げるドキドキ感は、あまり味わいたくないもの。

 そんなiPhoneユーザーおなじみのお悩みである画面割れですが、どんなときに画面が割れてしまうのでしょうか。「当たり前」を見直すことで、悲しい事故を防げるかもしれません。経験者たちに聞いてみました。

iPhone

その1:カバーを付けていない

 画面が割れた人に多く見られるのが、「カバーなしでの使用」。主に「気に入るカバーがない」という理由が多いようです。画面を保護するガラスフィルムもなしとなると、落としたときのリスクは高め。

 また、「カバーをしていたけど、打ち所が悪くて隅が割れてしまった」という人も。わざわざケースを買い替えるのも面倒なので、壊れたケースをそのまま使っていました。端末の修理代を考えると、保護ケースを装着する方が安くすむかもしれません。

その2:「歩きスマホ」をよくする

 注意が散漫になりがちな歩きスマホは、画面割れの大きな原因の1つです。特に、駅のホームや階段など、人混みや足場の不安定な場所で事故が起こりがち。人とぶつかった拍子にアスファルトに端末を落として画面がバキバキに……。

 歩きスマホは事故の元なので、移動中はポケットにしまうなどして、くれぐれも注意しましょう。

iPhone

その3:服のポケットにしまいがち

 上着やズボンのポケットに端末を入れて、前にかがんだときにポロリと落下……というケースも少なくありません。取り出しやすいということは、それだけ飛び出しやすいということ。ズボンの後ろポケットに入れたまま椅子に触り、画面が割れてしまうケースもあります。

 iPhoneを入れるためのカバンを持ち歩くなど、ちょっと工夫するだけで改善されそうです。

その4:バッグの外ポケットにしまっている

 カバンに入れている人でも、「外ポケットにiPhoneを入れている」という人は、移動中にうっかり落としてしまうことがあります。急いでいるときに起こりがちですが、これもカバンの中にiPhoneを入れるだけで十分防げます。

その5:iPhoneを雑に扱う

 購入当初は大事に扱おうと思っている人でも、日がたつごとに雑にiPhoneを扱いがちです。しかし、大事に扱う意識が薄れてしまうと、うっかり端末を落とす機会も増えてしまいます。

 歩きながらカバンの中から端末を取り出したり、歩きスマホをしてしまったり……。不思議なことに、1度画面を割った人は何度も同じ経験をしています。

 アクセサリーで端末を保護する、普段から扱い方に注意するなど、いま一度日頃の行動を見直してみましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう