連載
» 2017年07月16日 06時00分 UPDATE

iPhone Tips:メッセージに動きをつけて面白く! iMessageのエフェクト効果

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「iMessageのメッセージにエフェクト効果をつける方法」です。

 iPhoneで利用できるiMessageに、動きを付けられるエフェクト機能があることをご存じでしょうか? なかなか面白い機能なので、iPhoneでのメッセージをより便利にワクワクしながら使えますよ。今回は、iOS10からできるようになったiMessageのエフェクト機能をご説明します。(iOS 10.3.2で検証)

エフェクト付きのメッセージを送る

 エフェクトとは、動きのある効果のこと。メッセージの吹き出しや背景画面に動きを付けて、ユーモラスにメッセージを表示することができます。

メッセージの吹き出しに動きをつける

 メッセージの吹き出しを、ぼわっと浮き出させたり、ポップアップのように軽快に動かしたりとユーモラスな効果を付けられます。

設定方法

  1. iMessageアプリを開き、メッセージを入力します
  2. メッセージ記入欄の右側にある上矢印を長押しすると、エフェクト機能の一覧が表示されます
  3. この一覧部分を上下にスワイプさせると、機能を選択できます
  4. 表示方法が決まったら、再び上矢印をタップして送信します

メッセージの背景に動きを付ける

 メッセージを送ったときに画面いっぱいにエフェクトを表示できる、「フルスクリーンエフェクト」という機能も。メッセージを開いたときに、バルーンや紙ふぶき、花火などのアニメーションをバイブ振動と共に表示できます。

設定方法

  1. iMessageアプリを開き、メッセージを入力します
  2. メッセージ記入欄の右側にある上矢印を長押しして、画面上部にある「スクリーン」をタップすると、機能の一覧が表示されます
  3. 左にスワイプすると、メッセージの吹き出し上側に効果の名称が表示されるので、好みのスクリーン機能を選択します
  4. 送りたいスクリーンが決まったら、再び上矢印をタップして送信します

 それぞれ画像だと少し分かりにくいので、実際に試してみる方が楽しめますよ。

 なお、メッセージエフェクトを送受信するには、お互いが「iMessage」を使う必要があります。iPhoneやiPadユーザーならiMessageを利用でき、「メッセージ」アプリの吹き出しが青ければiMessage、緑だとSMS/MMSです。相手がAndroidスマートフォンやフィーチャーフォン(SMS/MMS)だと、エフェクトは表示されません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう