ニュース
» 2018年01月29日 11時41分 公開

「アップグレードプログラムEX(a)」改定 auのiPhoneは最短半年で機種変更可能に

KDDIが「アップグレードプログラムEX(a)」を2月1日に改定。機種変更をする際に残債を免除するタイミングを「13カ月目以降」から「7カ月目以降」に短縮する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは、auのiPhone向けに提供している「アップグレードプログラムEX(a)」の特典適用条件を、2月1日から変更する。

 これまでの条件は、iPhoneを24回の分割払い(割賦)で購入し、端末回収に応じて機種変更すれば13カ月目以降の残債を免除するというものだった。2月以降は、最短で7カ月目以降に機種変更しても残債が免除され、より短期間(最短半年)でauのiPhoneに機種変更できるようになる。

 7カ月目〜12カ月目に機種変更する場合、機種代金13カ月目までの分割支払金の残債と、アップグレードプログラムEX(a)の利用料金の390円(不課税)×13カ月目までの残月数を、前倒しで支払う必要がある。なお、アップグレードプログラムEX(a)のプログラム料は、2018年5月31日までに加入すれば無料。

アップグレードプログラムEX(a) KDDIのお知らせ
アップグレードプログラムEX(a) アップグレードプログラムEX(a)の内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう