ニュース
» 2018年01月30日 18時01分 公開

SIMフリースマホ購入の初期費用を軽減する「IIJmioアシストオプション」

IIJが「IIJmioアシストオプション」を導入する。IIJmioの音声SIM+SIMフリースマホを購入する際、端末代金の初期負担額を軽減する。ビックカメラ限定のオプションサービス。

[田中聡,ITmedia]

 IIJは、個人向け通信サービス「IIJmio」の音声SIM(BIC SIM)を新規で契約し、SIMロックフリー端末をビックカメラで契約する際に、端末代金の初期負担額を軽減させる「IIJmioアシストオプション」を2月1日から提供する。ビックカメラで販売している一部の機種が対象で、オンラインでの購入は対象外。

 メニューは月の月額加算料が500円〜3000円(税別、以下同)の「IIJmioアシストオプション500」〜「3000」の6つがある。支払期間は12カ月か24カ月を選べる。端末代金から月額加算料×12また24を引いた額を、端末購入時に支払う。

IIJmioアシストオプション 料金の詳細

 例えば3万円の端末を、「IIJmioアシストオプション2000」を12カ月間適用して購入すると、初期費用は3万円から2万4000円を引いた6000円となる。

IIJmioアシストオプション 支払い例

 これまで、ビックカメラでBIC SIMとSIMロックフリー端末を購入する場合、一括でしか端末代金を支払えなかったが、ユーザーの初期負担を軽減するために導入する。なお、IIJmioアシストオプションを適用期間中に解約すると、アシストオプションの残金と、利用月数に応じて音声SIMの解除料を支払う必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう