ニュース
» 2018年03月18日 08時18分 公開

Appleが3月27日に学校でイベント 教育関連の発表でiPadも登場する?

Appleが3月27日に、米イリノイ州シカゴの公立学校で発表会を開催。タイトルは「Let's take a field trip」。教育関連のサービスやデバイスが発表される可能性が高い。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが、2018年3月27日10時に、米イリノイ州シカゴの公立学校、Lane Tech College Prep High Schoolで「Let's take a field trip」と題した発表会を開催する。日本時間では2018年3月28日0時。

 field tripは「遠足」「校外学習」という意味。Appleが学校で発表会を実施するのは異例のことだが、教育に関連したサービスやデバイスが発表される可能性が高い。

Apple Appleが報道機関に送付した招待状

 Appleは授業の新たなツールとして活用できるよう、iPadやMacBook Airなどのデバイスを学校へ導入する取り組みにも力を入れている。学校でプログラミングを簡単に教えられるよう「Everyone Can Code」というカリキュラムも提供。さらに、Appleのプログラミング言語「Swift」を、コーディングの知識がなくてもiPad上で楽しく学べる「Swift Playgrounds」アプリも提供している。

 このSwift Playgroundsの新機能やアップデート情報が発表される場合、それを動かすデバイスとして、iPadの新製品が発表される可能性もある。iPadは2017年3月発売の「iPad(第5世代)」、2017年6月発売の「iPad Pro(10.5型)」以来登場していない。

Apple Swift Playgroundsでは、Swiftを使ってパズルを解きながらコードの基本を学び、その後は課題に挑戦してコードを作成していく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう