ニュース
» 2018年11月22日 17時10分 公開

インもアウトもデュアルカメラでサンキュッパ――「HUAWEI Mate 20 lite」日本上陸 ビックカメラグループ限定販売

海外の一部市場で発売済みの「HUAWEI Mate 20 lite」が、ビックカメラグループ限定機種として日本に上陸。インカメラもアウトカメラもデュアル構成になっており、AIを活用した撮影機能も備えている。

[井上翔,ITmedia]

 ファーウェイ・ジャパンは11月30日、ミドルレンジのSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI Mate 20 lite」を発売する。想定販売価格は3万9800円(税別)で、ビックカメラグループ(ビックカメラ、ソフマップ、コジマ)限定で販売する。

HUAWEI Mate 20 lite(正面)
HUAWEI Mate 20 lite(背面) HUAWEI Mate 20 lite(サファイアブルー)

 Mate 20 liteは、HUAWEI Mate 20シリーズのエントリーモデルという位置付けで、一部の国・地域ではハイエンドモデルに先行する形で既に販売を開始している。

 プロセッサは自社開発の「Kirin 710」(CPU部は2.2GHz 4コア+1.7GHz 4コア)で、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを備える。外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCに対応する。OSはAndroid 8.1をプリインストールする。

 ディスプレイは6.3型のフルHD+(1080×2340ピクセル)液晶で、インカメラ周辺部にノッチ(切り欠き)がある。バッテリー容量は3750mAhで、付属のACアダプタを使うことで急速充電も可能だ。外部接続端子はUSB 2.0 Type-Cで、イヤフォンマイク端子も備える。

下面 本体下面。USB Type-C端子やイヤフォンマイク端子を備える

 アウトカメラは2000万画素センサー+200万画素センサーのデュアル構成で、AI(人工知能)を用いた22シーンの自動検出や、構図アシスト機能を備えている。インカメラも2400万画素センサー+200万画素センサーのデュアル構成で、8種類のシーン認識と、AIを用いた「3Dライティング」に対応している。ARレンズ機能や「3D Qmoji(表情認識アバター)」も利用できる。

 ギャラリーアプリもAIを活用しており、カテゴリー分けを自動で行ってくれる。

インカメラ インカメラもデュアル

 モバイル通信の対応規格と周波数帯は以下の通り。au VoLTEにも対応するが後日配信されるソフトウェア更新を適用する必要がある

  • FD-LTE:Band 1/3/5/7/8/18/19/27
  • TD-LTE:Band 38/40/41
  • W-CDMA:Band 1/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz帯

 SIMカードはNanoサイズのもの2枚に対応している。ただし、2枚目のNano SIMカードはmicroSDと排他となる。

 Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応する。Bluetooth 4.2も利用可能で、Bluetoothオーディオでは「aptX」「aptX HD」「HWA(Huawei独自のコーデック)」といった高音質コーデックも使える。

 ボディーサイズは75.3(幅)×158.3(高さ)×7.6(奥行き)mmで、重量は約172g。ボディーカラーはサファイアブルーとブラックの2色を用意する。

左側面 左側面
右側面 右側面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう