ニュース
» 2004年02月25日 18時49分 UPDATE

「薄型」「大画面液晶」の次は“長寿命バッテリー”――新EXILIM発表 (1/2)

カシオ計算機が、PMAには出さなかった新EXILIMシリーズを発表。3倍ズーム搭載の薄型機「EX-Z30」「EX-Z40」は、小型デジカメのウィークポイントだった電池寿命を大幅に向上した。PMAでお披露目した600万画素4倍ズーム機「EXILIM PRO EX-P600」も登場。

[西坂真人,ITmedia]

 カシオ計算機は2月25日、デジタルカメラ“EXILIM”シリーズの新製品として、3倍ズーム搭載の薄型機「EXILIM ZOOM EX-Z30」「同EX-Z40」と、600万画素4倍ズーム機「EXILIM PRO EX-P600」を発表した。EX-Z30/EX-Z40が3月5日から、EX-P600が4月下旬から発売する。価格はオープン。

photo 新EXILIM3機種。「EXILIM PRO EX-P600」(上)、「EXILIM ZOOM EX-Z40」(下左)「同EX-Z30」(下右)
photo

新開発エンジンで電池寿命を大幅アップ――EX-Z30/EX-Z40

 EX-Z30/EX-Z40は、EXILIMならではの薄型ボディに沈胴式の光学3倍ズームレンズを搭載したEXILIM ZOOMシリーズの新製品。有効320万画素のEX-Z30はEX-Z3(昨年1月発表)の、有効400万画素のEX-Z40はEX-Z4(昨年10月発表)のそれぞれ後継機となる。Z30とZ40の違いは画素数のみで、ボディ/レンズや搭載機能などは同じだ。

photo 3倍ズーム機EXILIM ZOOMシリーズの新製品、320万画素の「EX-Z30」
photo 400万画素のEX-Z40は、シルバー(EX-Z40)/ゴールド(EX-Z40GD)/ブラック(EX-Z40BK)の3色を用意

 新製品の最大の特徴は、大幅に向上した“バッテリー寿命”だ。

 小型軽量のデジカメが人気となっているが、小型化の障壁となるのが「バッテリー」。小型の小容量タイプになりがちなため、1時間前後の使用でバッテリー切れとなったり、100枚前後しか撮影できないなど、どうしても連続撮影時間や撮影枚数が犠牲になるケースが多かった。

 「デジカメユーザー300人に実施した調査では、デジカメ不満点で半数が電池寿命の短さを指摘し、次にデジカメを選ぶ機能・性能でも44%が長時間バッテリーを挙げている」(同社)

photo ユーザー調査では半数が電池寿命に不満

 EX-Z30/EX-Z40に搭載された新開発の画像処理モジュール「EXILIMエンジン」は、独自設計のLSIを3段に重ねた多層高密度実装を採用。従来モデルの2段実装に比べて面積比で約35%の省スペース化を行うことで、空いたスペースに大容量バッテリー(680mAh→1230mAh)を搭載することが可能となった。

photo 多層高密度実装の画像処理モジュール「EXILIMエンジン」を新開発
photo 1230mAhの大容量バッテリーを搭載

 さらに、業界初の1.8ボルトという低電圧動作システムを採用して省電力化。カメラ映像機器工業会(CIPA)が定めた規格の測定方法による撮影枚数は約360枚(約3時間)となり、従来モデル(EX-Z4)と同じボディサイズで、バッテリー寿命を約2.5倍に向上させた(EX-Z4は約1時間10分/140枚)。

photo 他社競合機種との電池寿命比較

 3段沈胴式ズーム機構を採用した「smc(スーパーマルチコート) PENTAX LENSレンズ」や、大型2インチのデジタルインタフェース採用TFT液晶ディスプレイなど従来機種で好評だったスペックを継承。CCDや薄型のボディサイズ、主な撮影機能などカメラとしての基本スペックも従来機種とほぼ同じだ。

photo
photo

 新たな機能として、シャッターボタンを一気押しすることで、ピント合わせがオートフォーカスからパンフォーカス(固定焦点)へ自動的に切り替わる「オートパンフォーカス機能」を装備。また、電源オンからの撮影可能になるまでの起動時間が約1.6秒、レリースタイムラグ約0.01秒、連続再生時のコマ送り間隔約0.1秒など、高速レスポンスにも磨きをかけている。

photo 従来機種と同様にUSBクレードルが標準で装備
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.