レビュー
» 2004年03月18日 19時47分 UPDATE

ISO感度を実用域に高め、最大課題を重点克服――コダック DCS Pro SLR/n (1/3)

コダックの「DCS Pro SLR/n」は、「DCS Pro 14n」をベースに各部をリファインした1371万画素35ミリフルサイズCMOSセンサー搭載のプロフェッショナル向けデジタル一眼レフカメラだ。14nの発表から1年。14nの最も大きな弱点とされていた感度の問題は、SLR/nによって克服されたという。

[島津篤志(電塾会友),ITmedia]

14nの事実上の後継機

 コダックの「DCS Pro SLR/n」(以下、SLR/n)は、「DCS Pro 14n」(以下、14n)の高感度版として開発された、ニコンFマウントのデジタル一眼レフカメラだ。14nの最大の課題とされた「実用感度の狭さ」を克服してラチチュード(明暗差の許容量)を広げ、プロの道具としてブラッシュアップされている。

 デジタル一眼レフ市場は活況を呈しているが、SLR/nのような35ミリフルサイズセンサーを持つモデルはまだまだ希少派だ。

mk_dcsproslrn_front.jpg

DCS Pro SLR/nの主なスペック

撮像素子35mmフルサイズCMOSセンサー
有効画素数1371万画素
対応レンズニコンFマウント
ISO感度160〜1600相当
焦点調節オート/マニュアル
最高品質時の最大画像解像度4536×3024ピクセル
シャッター速度1/4000〜2秒、長時間露光モード:3モード(オフ、1/8秒〜1秒、1秒以上)切り替え
フォーカスエリア5カ所
露出補正あり
ストロボ内蔵
液晶ディスプレイ2インチ低温ポリシリコンTFT
ファインダーアイレベル式ペンタプリズム使用、視度調節機構内蔵
記憶メディアコンパクトフラッシュType I/II、SDメモリーカード/マルチメディアカード
画像ファイル形式DCR、ERI-JPEG、JPEG
バッテリー専用リチウムイオン充電池、ACアダプタ
PCとのインタフェースIEEE1394
サイズ約158(幅)×131(高さ)×89(奥行き)ミリ
重量約907グラム(本体のみ)
価格オープンプライス

 SLR/nに食指を動かす人は、腕に覚えのあるハイアマチュアかプロのいずれかだろう。この価格(オープンプライスで、実勢価格は60万円前後の見込み)であっても、それに見合った写真が得られるのなら出費は惜しまない、と回答する人たちのはずだ。

 そんな諸兄には釈迦に説法に違いないが、このカメラを検討するうえで忘れてはならない大前提がある。極論すると、それは次の2点だ。

1. SLR/nはポートレート用モデルである


2. SLR/nはアメリカ製である

 順に説明したい。1はメーカーが公表している周知の事実で、SLR/nはスタジオユースのポートレート機として特定マーケットにフォーカスした製品だということだ。つまり、スポーツ・報道写真用に最適化されたかのようなキヤノンの「EOS-1D Mark II」やニコンの「D2H」などと同じ俎上で論じるのは不適切ということである。

 屋外での撮影を考慮して作られた「EOS-1Ds」のような防滴・防塵構造の堅牢ボディを持たないのもこのためだ。開発コンセプトが違うのである。これを理解すれば、ベースのボディが14nと同様に今回もニコンの35ミリ一眼レフカメラ「F80」のままであることも納得できよう。

 シボ感のあるマグネシウム合金を被せたとはいえ、ベースのF80はミドルクラスのボディだ。それゆえ質感は「Pro」と称するには今一つ。内蔵のポップアップストロボも、チープ感に拍車をかけてしまっている。

 だが、これら外見上のファクターは、DCR(Digital Camera Raw:コダック独自のRAWファイル形式)の広大なダイナミックレンジを体感すれば、瑣末なことに思えるだろう。もちろん、ポートレート用モデルではあるが、風景撮影でも実力を発揮する。

 続いて2のアメリカ製であることについて。SLR/nは合理主義の国アメリカで作られた製品ゆえ、注力すべきところとそうでないところとを割り切っているような開発意図が見受けられる。

 世界的なフィルムメーカーであるEastman Kodakの開発陣が優先順位の筆頭に据えたもの、それは高解像感とダイナミックレンジの拡大による高階調性であろう。写真階調の豊かさ=画質に如実に表れるこれらの要素に比べれば、レンズオプティマイゼーション機能の改善やバッテリー持続時間の延長、ユーザーインタフェースの改良などは、プライオリティが低位に位置付けられていたのかもしれない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.