レビュー
» 2004年07月01日 17時01分 UPDATE

普通紙主体の印刷なら十分に活用できる――デル オールインワンプリンタ 922 (1/2)

「デル オールインワンプリンタ 922」は、1万3800円という戦略的価格で発表された、デルブランド第1号のインクジェット複合機だ。価格帯から言って写真画質を求める機種ではないが、Webサイトの情報を普通紙に印刷する程度ならば十分に活用できるだろう。

[今藤弘一,ITmedia]

 日本でもデルがプリンタ事業に参入した。デルブランドとしてリリースされたのは、今回紹介するインクジェット複合機「デル オールインワンプリンタ 922」(以下、デル922)と、モノクロレーザープリンタ「デル レーザープリンタ 1700n」の2機種だ。

 今回はまず、デル922を取り上げたい。スペックの詳細は関連記事を参照していただくとして、早速プリンタの紹介に移ろう。デル レーザープリンタ 1700nについては、後日紹介する予定だ。

 デル922は、プリンタメーカーからのOEMによって供給されている。OEMメーカーの名前についてはデルは明らかにしていないが、筐体の外観を見ていただければ分かるように、レックスマークの「X5270」に酷似している(X5250も外観は同じ)。もちろん、プリンタドライバの画面もほぼ同じで、「AIOナビ」という名称となっている。

ki_922_01.jpg デル オールインワンプリンタ 922
ki_922_02.jpg デル922の「AIOナビ」

 デル922の本体上部にはボタンが配置されており、電源ボタン、カラーコピー、モノクロコピー、部数や用紙サイズ、拡大率の設定を行うボタンなど、割り当てられている機能もX5270と同様だ。このほか、用紙タイプの自動検知機能や、インクがブラック、CMYカラー、フォト(フォトCM+ブラック)の3種類で構成されているのも変わらない。もちろん、PictBridgeなどのダイレクトプリントには対応しない。

ki_922_03.jpg 本体上部に配置されているボタン類。青がカラーコピー、黒がモノクロコピー用のボタン

 ただし、X5270と外観や機能が似ていても、レックスマーク製のインクは認識されないため利用できず、デル922専用のカートリッジが必要になる。

 なお、インク残量が少なくなったときには、プリンタドライバから警告画面が表示されるとともに、オンラインショッピングサイトで購入するためのボタンが表示される。ボタンを押すと、Webサイトが表示されて注文できる、というわけだ。デルによると、15時までに発注されたものであれば、翌日中には配達されるとのことだ。

ki_922_04.jpg デル922で利用されるインク。レックスマークのものとは微妙に形が異なる
ki_922_05.jpg プリンタドライバ画面。インク残量の警告と同時に、オンラインショッピングサイトへの誘導ボタンと、電話番号が表示される
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.