ニュース
» 2004年12月10日 10時00分 UPDATE

マウス指でなぞってスクロール――ロジクール、静電パネル採用のモバイルコードレスマウス発売

ロジクールは、2.4GHz帯無線方式と、静電方式のスクロールパネルという2種類の新技術を採用したコードレスモバイルマウス「V500 Cordless Notebook Mouse」を発表、2005年1月28日より発売する。価格は7480円。

[岩城俊介,ITmedia]

 ロジクールは12月10日、2.4GHz帯無線方式を採用するモバイルコードレスマウス「V500 Cordless Notebook Mouse(V-500)」を発表、2005年1月28日より発売する。価格はオープンプライス、同社オンラインストア「ロジクールオンラインストア」価格は7480円(税込み)。

photo V500 Cordless Notebook Mouse(V-500)

 V-500は、静電方式による4方向スクロールパネル、2.4GHz帯無線、1000dpiの解像度を持つ光学センサーを採用する、同社モバイルマウスシリーズのハイエンドモデルとしてラインアップされる。

静電方式4方向スクロールパネル

 静電方式を用いる4方向スクロールパネルは、ノートPCのトラックパッドのように指でなぞることによりスクロール操作が行えるもの。

 従来のスクロールホイールを廃することで、本体そのものの薄型・小型化への貢献はもちろん、自然な操作感をも実現する。

photo 指でなぞることによるスクロール操作のほか、上下左右の端を押し続けることにより断続的にスクロールさせることもできる

2.4GHz帯無線

 従来の27MHz帯無線から、新たに周波数ホッピング(Frequency Hopping )方式の2.4GHz帯無線を採用することで、動作可能範囲を10メートル、従来周波数帯を用いる製品では動作しにくくなることがあった、金属製デスク上でも影響がなくなるというメリットが挙げられる。

 ちなみに、本体底面の素材にはアルミが使用され、高級感や耐久性を向上させるデザイン要素としても2.4GHz帯無線を採用したことが活かされているという。

電源スイッチも兼ねた開閉ギミック、収納できる小型レシーバー

 V-500は、底部のスライドレバー操作により尾部が持ち上がる仕組みになっている。操作時は開いて、未使用時には閉じておくことで電源をオフに、同時に省スペース化を実現する。

 またUSB接続タイプのレシーバーを本体内部に収納しておくこともできる。

photo

 本体サイズは、57(幅)×95(奥行き)×29(高さ オープン時:33)ミリ、重量88グラム(バッテリー込み)、レシーバーサイズは15(幅)×(奥行き)×7(高さ)ミリ。光学センサー解像度は1000dpi。対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98、MacOS X。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.