レビュー
» 2005年07月06日 19時21分 UPDATE

週末アキバPick UP!レビュー“噴水”機能に人気も上々──光るロケット型水冷キット「Rocket CL-W0011」 (1/3)

アキバに登場したこだわりパーツをとりあえず試す「週末アキバPick UP!レビュー」。今回は、4月9日に発見した、超巨大の水槽型冷却ユニット+“光るギミック”を備える水冷キット、サーマルティク「Rocket CL-W0011」をチェックした。

[古田雄介(アバンギャルド),ITmedia]

 水冷キットには、冷却性に加えて静音性を強く求めたい。昨年2004年度の水冷キット製品では、Zalman「Reserator 1」の静音性能がかなり高く、その形状によるインパクトも相まって多くのPCパーツショップで高い人気を得ていた。

 さて今回試す、サーマルティク製の水冷キット「Rocket CL-W0011」も、高さ64センチもあるタワー型冷却ユニットを備える構成の水冷キットだ。そのコンセプトもReserator 1に近く、同じく本年度版水冷キットにおける注目モデルの1つ。ショップでの人気も上々だという。

photo サーマルティク「Rocket CL-W0011」。実売価格は2万円前後(ITmedia Shoppingで現在の最安値をチェックする
photo 巨大である

 Rocket CL-W0011は、PCケースに内蔵できるコンパクトなモデルが多数登場するなか、インパクトのある外付けのタワー形冷却ユニットを採用した。ユニット全体はアルミ製のヒートシンクで覆われ、ファンレスながらも冷却水そのものの多さ・余裕さにより高い冷却性を備えるという。

 なおCPUブロックとポンプにLEDを仕込んだり、ブラックライトに反応する冷却液が付属するなど、CPUクーラー「Beatle」や電源ユニット「Silent PurePower」といった派手な製品をリリースする同社らしい“飾り”が盛り込まれている。

photo 水冷タワーの頂上では、噴水のように噴出する冷却液が見えるようになっている
photo CPUブロックとポンプにはLEDが内蔵され、冷却液を照らす仕組みなっている

 Rocket CL-W0011の主なスペックは以下の通り。

Rocket CL-W0011
対応環境Socket A/754/939/940、mPGA 478、LGA 775
ブロック数CPUブロック×1
放熱部構成冷却ユニット(外付けタワー型)、ポンプ(内蔵型)
タンク容量約800ml
吐出力(水流)2000ml/分
チューブ径外径8.3ミリ/内径6.4ミリ

 内蔵型など、比較的小型の水冷キットと比較すると、タンクの容量と水流がかなり大きい。ファンレス設計のため静音性は抜群、唯一の騒音源となりえる搭載ポンプも、高出力タイプながら動作音はほとんどしない。

本体こそデカいが、設置はそこそこ容易

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.