ニュース
» 2005年09月17日 00時00分 UPDATE

週末アキバPick UP!:「あっはっは、だめですねぇうち」──ヨドバシ開店に既存アキバショップ高笑い (1/4)

アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「ヨドバシ開店に高笑いするアキバショップ」「2.5インチSAS HDD」「PCで地デジ録画・編集」「最強? デュアルファンクーラー」だ!

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

ヨドバシ開店──“反対側”の既存ショップの反応

 今週金曜、ヨドバシカメラによる国内最大級の家電量販店「ヨドバシカメラ マルチメディア Akiba」が秋葉原にオープンした(関連記事参照)

 午前9時の開店からさして大きな混乱はなかったものの、昼頃に一時的な入場規制がかけられるなど、平日とは思えない人だかりが長時間続いた。

 ケータイやiPod(Mac)売り場、デジカメ売り場といった、特価注目商品コーナーの盛況さを横目に、ITmediaアキバ取材班の目的はPCパーツショップコーナー。同売り場は2階の南側に設けられていた。

 新宿などの他の場所の同店舗と同じく、CPUやHDD、グラフィックスカードといった定番PCパーツから、汎用ファンにインチねじなどの小物類まで、オールラウンドで揃えられていた印象だ。ほとんどのジャンルの棚にショーケースが用意され、増設カードやマザー類なら基板レイアウトやインタフェースの種類などをじっくり確認できる。

photo 2階のPCパーツ売り場。カード類はメーカー別に販売棚が分けている。なお同店はAV家電や生活家電もメーカー別にブースが用意されているのが特徴だが、(ほかはどうか分からないけど)PCパーツは類似カテゴリないしスペックで比較するもんではないだろうか、とふと
photo そのほか、6階ゲームソフト・玩具・楽器フロアでは、「ガンプラ全品30%引き」のPOPとともにかなりの種類のガンプラやモデルガンなどが揃っていたのにはちょっとグッときた

 いっぽうの“反対側”に目を向けると、大にぎわいの同店に対抗すべく、いわゆるライバル店も対抗キャンペーンを予定するところが多いようだ。

 サトームセン全店では、週末にかけて新製品の「オークション祭」なる催しを行う予定だ。「こちらも積極的にアピールしていかないと、という危機感は正直あります」(同ショップ)と胸中を語る。

 またPCパーツショップでも、T-ZONE.PC DIY SHOPとクレバリーがヨドバシ“便乗”の週末特別キャンペーンを計画している。「マルチメディア Akibaの2階パーツコーナーだけで十分驚異です。駅からヨドバシに向かった人のうち数割は、目当ての商品を見つけてそのまま帰ってしまうかもしれませんよね。安さと特定カテゴリの品揃え、ディープさをアピールしていきますよ」(T-ZONE.PC DIY SHOP)とのことだ。

 対してPCパーツショップに限っていえば、(少なくとも口先では)ヨドバシをいっさい気にしていないショップも多い。

 パソコンショップ・アークは「ユーザー層が被らないので心配していません。ヨドバシさんは広く浅くビギナー層を中心に取り込んでいますが、ウチを利用される人はコアでディープなユーザーさんが多いですから。パーツそのものの知識は負けません」と頼もしい答え。

 某ショップも「同じPCパーツショップでも大規模な店舗ほど、多くの人のニーズをまかなうべくビギナー層が増える傾向にあると思います。直接の打撃を受けるとしたら中規模以上のショップではないでしょうか。え、うち? 見ての通り、こんなのとかあんなのとか、ヨドバシさんにゃおそらく置いていないニッチで、しょうもないもんばかり揃ってますから。あっはっは、だめですねぇうち」と高笑い。このノリは……おそらくヨドバシにはないと思う。

 ヨドバシの開店でアキバの電気街が受ける影響はまだ未知数だが、少なくともこの3連休は多くのショップでお得なキャンペーンが開かれるようなので、週末はヨドバシのついで(?)に“反対側”のPCパーツショップにも出向くといいことがありそうだ。

Serial Attached SCSI対応の単体2.5インチHDDがアキバに出回る

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.