レビュー
» 2005年11月07日 12時00分 UPDATE

TVキャプチャーユニット:レイアウトフリーなLAN接続型/業務機器ふうデザインのTVユニット──「DNT-888L」「DVR-777U」 (1/6)

カノープスが新たに提案するPCのためのTVユニット、それが「DNT-888L」および「DVR-777U」だ。ひとつはLAN接続タイプにて、LAN内PCでTV機能を共有できる特徴を持ち、もうひとつは業務用機器ふうなデザインにて、外部出力機能搭載により高画質回路搭載の単体TVチューナーとしても活用できる。今回はこの特徴的な2台を一緒に導入してみた。

[石川ひさよし,ITmedia]

 カノープス「DNT-888L」および「DVR-777U」は、同社の最新TVキャプチャーユニットの最新製品だ。ともに外付けタイプのボックス型筐体を採用し、ステータスLCDの搭載や、黒ずくめの本体カラーなどなんとなく“業務用映像機器ふう”なデザインとなっている。

 しかし業務用映像機器ふうといってもPC機器。それぞれどのような使い方が可能で、どのように使い分けたらよいだろうか。そんなところを中心にチェックしてみよう。

LAN接続タイプのキャプチャーユニット「DNT-888L」

 DNT-888Lは、LAN接続型の外付けTVキャプチャーユニットと銘打っている。LAN接続型とは聞き慣れないが、ソニー「LocationFree TV(LF-PK1)」(関連記事参照)のローカルネットワーク版と解釈すると分かりやすいかもしれない。

 同一のLAN内ではDNT-888Lがサーバとなり、ハブ経由で接続している各PCがクライアントとして、最近人気のNASのようにどのクライアントからも参照することができるのが、これまでのTVキャプチャーユニット製品との大きな違いだ。

photo カノープス「DNT-888L」。実売3万8000円前後(ITmedia +D Shoppingで最安値をチェックする)

photo LAN端子のほか、この手の製品では貴重な2系統のビデオ入力(S-Video/コンポーネント、S-Video 2含む。コンポーネントビデオ変換ケーブルも付属される)を搭載する(上)、フロントにあるステータス表示用LCDにはネットワーク接続時のIPアドレスなどが表示される(下)

 実際にはクライアントソフトウェアのライセンス数や、本機に搭載されるチューナーが1基のみという点で、LAN内PCのどれか1台が使用中の場合はほかのPCで利用できないという制限はある。しかしチューナーもクライアントもLANに接続されているならばOKという点は、たとえば無線LAN接続にて、まったく接続の手間なくTV機能を活用することもできる。

 本体はフロントにステータスLCD、リアに100BASE-TX LAN端子と2系統の外部入力端子が用意されている。注意すべきところは、接続するLAN内でDHCPサーバが稼働している必要があることだ。DHCP機能はクライアントにIPを自動的に割り当てる機能であり、ブロードバンドルータを導入している多くのユーザーであればたいてい稼働しているだろうが、ADSLモデムなどから直接インターネットに接続している場合には注意が必要だ。

photo DNT-888Lの内部。ソニー製Hi-Fiスプリットキャリアチューナー、フィリップス製MPEGエンコーダ「SAA6752」のほか、日本電気製3次元Y/C分離・3次元ノイズリダクション(排他)チップ「μPD64011」、ゴーストリデュースチップ「μPD64031」などが搭載される

 MPEGエンコードチップにフィリップス製「SAA6752」を、チューナーには画質/音質に定評のあるソニー製Hi-Fiスプリットキャリアチューナーを採用し、3次元Y/C分離、3次元ノイズリダクション、ゴーストリデューサーといった高画質化回路も備える。3次元Y/C分離と3次元ノイズリダクションは排他利用であり、上級グレード製品に備わるのW3Dモードはない。

外部出力端子を備える外付けキャプチャーユニット「DVR-777U」

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.