レビュー
» 2006年01月10日 14時01分 UPDATE

CPU:きょうは史上最強のデュアルコアプロセッサ「Athlon 64 FX-60」を試してみた (1/5)

AMDがAthlon 64 FXの最新モデル「Athlon 64 FX-60」を1月10日に発表した。採用されているCPUコアは、Athlon 64 X2と同じToledoコア。動作クロック2.60GHzはAthlon 64 FX-57からダウンしているが、デュアルコアの効果で性能がどれだけ引き上げられているだろうか。早速検証してみたい。

[笠原一輝,ITmedia]

シングルコアにこだわってきたAthlon 64 FXがデュアルコアへ路線変更

 今回AMDが発表したAthlon 64 FX-60の特徴は、Athlon 64 FXとしては初めてデュアルコアプロセッサとなっていることだ。これまでAMDは、Athlon 64 FXに関しては、ハイエンドゲーマー向けという位置づけから、シングルコアのCPUコアを採用してきた。それは従来の3Dゲームの多くはマルチスレッド処理に対応しておらず、デュアルコアにしても効果があまりないからだ。

 また、デュアルコアにすると消費電力が増えるため、クロック周波数をシングルコアCPUより下げなければならない事情もあった。シングルコアのAthlon 64 FX-57は2.8GHzで動作しているが、Athlon 64 X2 4800+が2.4GHzにすぎないというのは、そうした理由が背景になるからだ。ハイエンドゲーマー向けのAthlon 64 FX-57をシングルコアにしてクロックをあげる、というのは、理にかなった選択であったわけだ。

 しかし、時代は急速にマルチコアへと急速にシフトしている。また、Athlon 64 FXと競合するPentium Extreme Editionはデュアルコアへの移行をすでに果たしており、Pentium Extreme Edition 955(以下Pentium XE 955)の記事でも触れたように、マルチスレッドに対応したベンチマークプログラムではAthlon 64 FX-57がPentium XE 955に負けてしまうという状況も出てきている。

 盛んにK8アーキテクチャのアドバンテージをアピールしてきたAMDとしては、そうした現状はマーケティング的にあまりよくないと判断したのだろう。「FXはシングルコアでクロック優先」の方針を変更し、デュアルコアをAthlon 64 FXにも導入する決断がなされたのだ。

Athlon 64 X2と同じToledoコア。違いは動作クロックのみ

 Athlon 64 FX-57で採用されているのは、Athlon 64 X2と同じ「Toledo」コアだ。そのため、基本的な機能(デュアルコア、キャッシュ容量、対応命令セット)はAthlon 64 X2と同じ。Athlon 64 X2にはL2キャッシュの容量が512Kバイト×2=1Mバイトのバージョンと、1Mバイト×2=2Mバイトバージョンが用意されているが、Athlon 64 FX-60は1Mバイト×2=2Mバイトバージョンとなっている。

 両者の最大の違いは動作クロックだ。Athlon 64 X2の最上位モデルであるAthlon 64 X2 4800+が2.4GHzで動作しているのに対して、Athlon 64 FX-60は2.6GHzとなっている。

Athlon 64 FX-60Athlon 64 FX-57Athlon 64 X2 4800+
コアコードネームToledoSan DiegoToledo
コア数212
ソケットSocket 939Socket 939Socket 939
周波数2.6GHz2.8GHz2.4GHz
トランジスタ数2億2300万1億1400万2億2300万
L1キャッシュ256KB256KB256KB
L2キャッシュ2MB(各コア1MB)1MB2MB(各コア1MB)
熱設計消費電力110W104W110W
 Athlon 64 FX-60/57、Athlon 64 X2 4800+のスペック比較

 CPUソケットはAthlon 64 X2/Athlon 64と同様、Socket 939に対応している。Socket 939マザーボードであれば基本的には利用可能だ。注意したいのは、熱設計消費電力は110ワットとなっているので、CPUにそれだけの電流を供給できる電源回路を持つマザーボードが必要になる。そのため、電源周りに余裕があるマザーボードを選ぶべきだろう。ただ、この110ワットという熱設計消費電力はAthlon 64 X2 4800+と同じなので、Athlon 64 X2が動作するマザーボードであれば問題ないはずだ。

 ただし、そうしたマザーボードでもBIOSアップデートは必須となりそうだ。筆者がテストに利用したASUSのA8N32-SLI Deluxeの場合、BIOSのバージョンを最新のバージョン1009にバージョンアップしなければ、起動時にCPUがわからないというエラーが発生してしまい、起動が途中で停止してしまった(F1を押すことで続行は可能)。Athlon 64 FX-60と一緒にマザーボードも購入するならば、そのマザーボードがAthlon 64 FX-60に対応しているかをマザーボードベンダのWebサイトなどで確認しておきたい。

 なお、A8N32-SLI DeluxeのBIOSバージョン1009では、Athlon 64 FX-60を正しく認識したものの、なぜかCool'n Queitテクノロジが有効にならなかった(BIOSには設定項目があり、それを有効にしているのだが正しく設定できなかった)。従来のAthlon 64 FX-57もCool'n Queitに対応しているので、Athlon 64 FX-60でCool'n Queitが無効になるとは考えにくい。おそらくBIOS側の問題であると考えられる(実際、CrystalCPUIDで確認してみると、Cool'n Queitには対応していると表示されている)。

kn_fx60cpuid.jpg CrystalCPUIDでAthlon 64 FX-60のプロパティを表示する

 今回の評価作業ではCool'n Queitが動作していないため、アイドル時にもクロック周波数は2.6GHzから変わらず、アイドル時の消費電力は高くなっている。システム全体の消費電力を電力メーター(ワットチェッカー)で計測してみると、140ワットとAthlon 64 FX-57の93ワットより高くなっている。このあたりは、今後のBIOSバージョンアップでの対応に期待したい。

Pentium XE 955(3.46GHz,DC,HT)Athlon 64 FX-55(2.6GHz)Athlon 64 FX-57(2.8GHz)Athlon 64 FX-60(2.6GHz,DC)
ストール時1429393140
エンコード時225160160178
3DMark05ゲーム1199165165173
 Athlon 64 FX-60、同57、同55とPentium XE 955の消費電力
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.