ニュース
» 2006年05月24日 18時00分 UPDATE

FBIもCIAも使っているIntel Mac対応データ復元ソフト

iGeek.Incは、Macintosh用データ復旧ソフトの最新バージョン「Data Rescue II」日本語版を7月7日より発売する。価格は一般ユーザー向けパッケージが1万5750円(税込み)。犯罪捜査にも採用されている高いデータ復元力が特徴だ。

[後藤治,ITmedia]

 iGeek,Incは5月24日、Macintoshユーザー向けのデータ復元ソフト「Data Rescue II」日本語版を7月7日より発売すると発表した。価格は一般ユーザー向けのレギュラーパッケージが1万5750円、アップグレード版が8925円。また法人企業向けのITライセンス版も用意される。

og_datarescue_001.jpg iGeek,Inc President and Head Geek David L. Smith-Uchida(デイビッド L.スミス−ウチダ)氏

 Data Rescueは、不良セクターのあるディスクや壊れたファイルシステムからデータを復元するMacintosh用ユーティリティソフト。問題のあるディスクの内容をスキャンし、復元可能なコンテンツを検索する機能に特化しており、ディスク情報を変更せずにデータを別のドライブにコピーできるのが最大の特徴だ。これにより「他社製品のようにファイルシステムの修復を行わないため、復元の過程でデータが削除される可能性を排除している」(スミス氏)。

 今回発表されたData Rescue IIはUniversal Binary版で、従来の(PowerPC搭載)Macintoshに加えて、Intel Core搭載Macに対応。ファイルデータを検索する「コンテンツスキャン」とメタデータを検索する「カタログ再構築」機能が内部的に統合され、コンテンツスキャンは対応ファイルフォーマットが従来版の10倍以上と大幅に強化された。なお、コンテンツスキャン機能はファイルシステムに左右されないため、Boot Camp上のWindowsファイルシステムを復旧することも可能だという。

og_datarescue_001-2.jpg Data Rescue IIと他社製品の機能比較

 また、ユーザーインタフェースも改善されている。使用者のレベルにあわせてアシスタントモードとエキスパートモードの2つを用意したほか、ドラッグ&ドロップによるデータ復元を実現。さらに今回のバージョンでは、対象ファイルをダブルクリックすることで対応アプリケーションが起動し、復元せずにファイルの内容をブラウズできるようになった(サムネイル表示には非対応)。

og_datarescue_002.jpgog_datarescue_003.jpg 「スキャンするドライブを選択」から「ファイルの復元」まで一連の操作をウィザード形式で行える。スキャン後は検索されたファイルが種類別のフォルダに振り分けられ、検索性を向上している。「復旧」ボタンを押さなくてもファイルをダブルクリックすると関連づけられたアプリケーションが起動し、中身を確認できるようになった

 スミス氏は「メタデータとファイルデータの両方の検索機能を備えた製品はData Rescue IIだけ」と説明し、「Data Rescue IIはデータの復元にフォーカスした最高のソリューションだ」とアピールした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-